感じの漢字

著者名

高橋政巳

判型

B6変判

定価

1234円(本体1143円+税)

発売日

2003/04/23

ISBN

9784594039479

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

古代文字で表現した<見て・感じる>漢字の本。樂篆家・高橋政巳氏が筆文字で表現したあたたみ溢れる古代文字は、まるで絵のようで新鮮! カタチでいろんなことを表現している漢字のルーツが、見るだけで伝わってくる。漢字の国の人であるのを、思わず自慢したい気分になる、語源の説明付き。

著者プロフィール

NoImage

高橋政巳
昭和22年(1947年)福島県生まれ。樂篆家。刻字の草分け的存在の故長揚石氏(前国際刻字連盟初代会長)に師事。篆書をはじめとする書を通じ、文字の持つ素晴らしい歴史的意味や美しさの伝承に幅広い活躍をしている。また、木や石等に漢字を彫る刻字家としても活躍。漢字の源である象形・甲骨・周時代の金文等を租形として、独自にデフォルメされたその創作的書体は、現代の漢字にはない新鮮さと、人々を魅了する独特の美しさがある。福島県喜多方市にあるギャラリー「樂篆工房」は、古代漢字の楽しさを満喫できる場所として知られる。平成18年2月に行われたニューヨークでの東京シティプロモーション「TOKYO FESTA」のロゴデザインをはじめ、テレビ番組・書籍などの題字なども数多く手がける。また、漢字の語源の楽しさを広めるイベントやセミナーを国内外で開催するなど、幅広い層に支持されている。その他著書◇『感じの漢字』(扶桑社)ホームページ◆http://www.japan-heart.co.jp/

シリーズ一覧

ページの先頭へ