その役、あて書き

著者名

大鶴義丹

判型

四六変判

定価

1620円(本体1500円+税)

発売日

2011/03/19

ISBN

9784594063948

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

40 代バツイチ・B級映画監督と、カラダを差し出してまでも女優を目指す女たち―― 男の鬱屈と女の野心が交差して、新境地を目指すのだが…。大鶴義丹、14 年ぶりの小説作品!

著者プロフィール

NoImage

大鶴義丹
小説家・俳優・映画監督1968年東京都生まれ。日本大学芸術学部在学中に俳優デビュー。1990年『スプラッシュ』で、すばる文学賞受賞。小説作品に『湾岸馬賊』『ずっとよるだったらいいのにね』『ファルス』『ワイドショウ』『オキナワガール』『フェイス』等、エッセイ集に『昭和ギタン』等がある。本作は14年ぶりの小説作品。2011年春に、4作目の映画監督作品『前橋 ヴィジュアル系』が公開。

シリーズ一覧

ページの先頭へ