蒼い炎

著者名

羽生結弦

判型

四六判

定価

1512円(本体1400円+税)

発売日

2012/04/10

ISBN

9784594065980

ジャンル

シリーズ

関連タグ

フィギュアスケート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
羽生結弦 蒼い炎

この本の内容

「多くの人に支えられて、僕はスケートができた。
 精一杯滑ることで、感謝の気持ちを伝えたい」
ソチ五輪金メダリスト・羽生結弦選手の歩みを
写真とインタビューで綴る、「銀盤の王者・初の自叙伝」

2011年3月11日、仙台のリンクで練習中に東日本大震災に被災――。家族4人で近くの体育館で避難所生活を送りながら、
「このまま、スケートを続けてもいいのか」と悩んだ羽生結弦選手(当時16歳)。

地元のリンクは半壊し閉鎖――。練習場所を求めて、日本各地のアイスショー60公演に参加しながら、4回転の精度を磨き、2012年の世界選手権では日本男子史上最年少で銅メダルを獲得しました。

本書は、震災を乗り越えて大躍進を遂げた羽生結弦選手が自身のスケート人生や将来の夢を語り下ろした、初の著書です。(2012年4月初版)

スケートを始めた4歳から17歳まで、写真とインタビューで綴る成長の軌跡。
貴重な撮りおろしショットを100点以上掲載!

※ 羽生選手の印税はすべて、被災したアイスリンク仙台へ寄付されます。

目次

初めての世界選手権/フィギュアスケートと出会う/15歳のジュニアチャンピオン/シニアへの挑戦/3月11日/アイスショーを練習の場に/グランプリシリーズの死闘/GPファイナル、そして全日本選手権/理想のスケ...
続きを見る

著者プロフィール

NoImage

羽生結弦
1994年12月7日、仙台市生まれ。ANA所属。 4歳からスケートを始め、2008年全日本ジュニア選手権で優勝。09-10シーズンのジュニアGPファイナル、全日本ジュニア選手権、世界ジュニア選手権すべてで優勝を果たす。 2010年にシニアデビューし、2012年世界選手権において日本男子史上最年少で銅メダルを獲得。12-13シーズンからカナダに練習拠点を移し、ブライアン・オーサーに師事。2014年ソチオリンピック男子シングル金メダリストとなる。2014年世界選手権で初優勝、GPファイナル3連覇(13 ~15年)、全日本選手権4連覇(12 ~15年)。2016年現在、世界歴代最高得点を保持する(SP 110.95点、FS 219.48点、総合330.43点)。

シリーズ一覧

ページの先頭へ