夫のちんぽが入らない

著者名

こだま

判型

四六判

定価

1404円(本体1300円+税)

発売日

2017/01/18

ISBN

9784594075897

ジャンル

シリーズ

関連タグ

ためし読みアリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

“夫のちんぽが入らない”衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自伝『夫のちんぽが入らない』だ。

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落”の半生。“衝撃の実話”が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化!

本文より抜粋

いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話し...
続きを見る

著者プロフィール

2535.jpg

こだま
主婦。ブログ『塩で揉む』が人気。自主制作した同名ブログ本は同人誌即売会・文学フリマで異例の大行列を生む。現在、『クイック・ジャパン』『週刊SPA!』で連載中。本書『夫のちんぽが入らない』がデビュー作となる。

シリーズ一覧

ページの先頭へ