やさしいねこ

まわりの猫にいじめられ続けた、“弱虫"ぽーの物語。

深谷かほる氏の漫画『夜廻り猫』(講談社)で描かれて注目を浴びた、このやさしい猫「ぽー」の物語を綴った写真エッセイ。ぽーを描いた深谷氏の漫画も2本収録。

Editor's Choice 編集者イチオシ本

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか

 累計50万部突破! シリーズ初の「日本旅行記」! 
本書は、韓国で生まれ育った著者が、日本を旅しながら考えた、日本人が当たり前すぎて気づかなかった日本のすばらしさを著した一冊です。
タイトルにある「ご飯」の美味しさをはじめ、著者は空港、電車、商店街、ホテル、サブカルチャー……など、訪れる先々で自国・韓国と比較し、感銘を受けます。
たとえば、なぜ「日本の駅」は人とぶつからないのか? 日本にはなぜ外国人を狙った「ボッタクリ」価格がないのか? 「中古品」が最悪詐欺だったりする韓国。客の食べ残しを別の客にまた出す韓国。湯船のそばに悪臭を放つ「小便器」がある韓国の温泉……。
なかでも、著者が驚いたのは、【弁当を「縦」に入れる韓国のコンビニ/「平」に入れる日本のコンビニ】。「韓国と日本でコンビニを利用しながら経験した両国の差は、他にもいろいろあります。でも、この『弁当の縦入れ』ほど致命的で衝撃的な差はありませんでした」と綴られています。
また、本書には、単行本の際には実現していなかった「日本への移住」の夢が叶い、新書版のための新章として「日本某所の住民になりました」が大幅加筆されています。
いわば本書は、「これまでの観光客/韓国の住民シンシアリー」と「これからの日本の住民シンシアリー」を繫げる一冊でもあります。
私たち日本人が当たり前すぎて気づかなかった日本のすばらしさとは何か――。
著者と一緒に、日本を再発見する「旅」に、ぜひお出かけください。

ジャンルから本を探す

レーベル・シリーズから本を探す

著者一覧から本を探す

ページの先頭へ