心に橋を架ける言葉

著者名

加藤諦三 著 , ドロシー・ロー・ノルト

判型

B6判

定価

1404円(本体1300円+税)

発売日

2005/07/29

ISBN

9784594050047

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

皇太子さまも感銘を受けたというドロシー・ロー・ノルトの詩。本書は、彼女の詩の中から「心のふれあい」について書かれたものをもとに、90万部ベストセラー「アメリカインディアンの教え」の加藤諦三がやさしく読み説いたもの。16行のシンプルな詩に込められたコミュニケーションの本質。まさに、いつも誤解されがちな人々に贈る1冊である。

著者プロフィール

NoImage

加藤諦三
昭和13(1938)年、東京生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業後、同大学院社会学研究科修士課程修了。現在、早稲田大学名誉教授、ハーバード大学ライシャワー研究所准研究員、日本精神衛生学会顧問を務める。また、ニッポン放送系ラジオ番組『テレフォン人生相談』レギュラーパーソナリティとして30年以上にわたり出演している。著書に『自分に気づく心理学』『心の休ませ方』(共にPHP研究所)など約500冊がある。

NoImage

ドロシー・ロー・ノルト
Nolte1924年生まれ。家庭教育の子育てコンサルタントの第一人者。大学、病院で教育関係の講演を数多く行う。1954年、自身の新聞コラムに発表した詩『Children Learn What They Live』が大反響を呼ぶ。1990年、その詩を掲載した『アメリカインディアンの教え』(小社)が出版された。1998年にアメリカで出版された著書『Children Learn WhatThey Live』は10カ国語に翻訳され大ベストセラーに。日本では『子どもが育つ魔法の言葉』(PHP研究所)として出版された。三人の子どもの母親であり、二人の孫、五人のひ孫がいる。南カリフォルニア在住。

シリーズ一覧

ページの先頭へ