港区ではベンツがカローラの6倍売れている

著者名

清水草一

判型

新書判

定価

778円(本体720円+税)

発売日

2008/03/01

ISBN

9784594055905

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

港区では毎年、カローラと同数のポルシェが売れる一方、地方では軽自動車が空前の売れ行き……。1億総中流意識が崩れ、格差社会になった現代日本の現実を探る。

著者プロフィール

NoImage

清水草一
1962年東京都生まれ。慶応大学法学部卒。大手出版社勤務の後、フリーライターに。独自の視点を持つモータージャーナリストとして活動する一方、日本の道路行政にも強い関心を持ち、高速道路ウォッチをライフワークとする。著書に『首都高はなぜ渋滞するのか!?』『この高速はいらない。』(共に講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社)など。「民営首都高のあり方を考える懇談会」、「首都高環境ビジョンアドバイザー会議」委員

シリーズ一覧

ページの先頭へ