アマルフィ

著者名

真保裕一

判型

四六判

定価

1620円(本体1500円+税)

発売日

2009/04/30

ISBN

9784594059385

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

少女が失踪。誘拐かテロの序章か?イタリアを舞台に壮大なスケールで描かれる、織田裕二主演の超大作映画の原作本。真保裕一ならではのエンターテイメントサスペンス小説。

著者プロフィール

NoImage

真保裕一
1961年東京都生まれ。アニメーションディレクターを経て、91年『連鎖』(講談社文庫)で第37回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。96年に『ホワイトアウト』(新潮文庫)で吉川英治文学新人賞、97年には『奪取』(講談社文庫)で日本推理作家協会賞と山本周五郎賞をダブル受賞、06年『灰色の北壁』(講談社文庫)で新田次郎文学賞を受賞。他の著書に、『取引』『震源』『防壁』『朽ちた樹々の枝の下で』『黄金の島』『夢の工房』(いずれも講談社文庫)、『真夜中の神話』(文春文庫)、『最愛』(新潮社)、『追伸』(文芸春秋)など多数。近著に『覇王の番人(上・下)』(講談社)がある。

シリーズ一覧

ページの先頭へ