文藝綺譚

著者名

坪内祐三

判型

四六判上

定価

2052円(本体1900円+税)

発売日

2012/04/17

ISBN

9784594065911

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

西村賢太、村上春樹「1Q84」、「蟹工船」、三浦和義事件、大相撲八百長問題……文壇ゴシップから幕下力士までに精通している著者が話題のネタから時代の変節、誤謬をただす、痛快時評集

著者プロフィール

NoImage

坪内祐三
1958年東京都生まれ。文芸評論家。早稲田大学文学部英文学科卒業、同大学修士課程修了。文芸クォリティマガジン『en-taxi』の編集同人をつとめる。著書に『ストリーワイズ』『靖国』『古臭いぞ私は』『慶応三年生まれ 七人の旋毛曲り』(2001年講談社エッセイ賞受賞)『文学を探せ』『一九七二』『「別れる理由」が気になって』『考える人』『変死するアメリカ作家たち』『東京』『風景十二』『探訪記者松崎天民』『父系図』など多数。編書に『明治文学』(全25巻・筑摩書房)などがある。

シリーズ一覧

ページの先頭へ