これから20年、三極化する衰退日本人

著者名

中野雅至

判型

新書判

定価

821円(本体760円+税)

発売日

2012/09/04

ISBN

9784594066635

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

今や日本は“格差社会”から“衰退社会”に突入した! 出口の見えない長引く不況が続き閉塞感が蔓延する日本の構造を分析し、20年後の“カオス社会”の姿を予測する警世の書。

著者プロフィール

NoImage

中野雅至
1964年奈良県生まれ。兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科教授。88年同志社大学文学部英文学科卒。89年大和郡山市職員。在職中に国家公務員採用Ⅰ種試験(行政)に合格し、90年労働省入省。厚生省課長補佐、新潟県総合政策部情報政策課長、厚生労働省大臣官房国際課課長補佐を経て、2003年公募により兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科准教授。主な著書に『これから20年、三極化する衰退日本人』(扶桑社新書)、『ビジネスマンが大学教授、客員教授になる方法』(ディスカバー携書)、『公務員大崩壊』(朝日新書)などがある。 

シリーズ一覧

ページの先頭へ