もしもの近現代史|書籍詳細|扶桑社

もしもの近現代史

著者名

黄文雄

判型

四六判

定価

1404円(本体1300円+税)

発売日

2013/09/03

ISBN

9784594068738

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

日本、台湾、韓国・朝鮮、満州、中国と大東亜戦争。「もしも」の仮説から史実を演繹し「歴史の真実」に迫る。東アジア史を独自の視点で捉えた目からウロコの「歴史の学び方」入門。

著者プロフィール

NoImage

黄文雄
1938年、台湾生まれ。1964年、来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。戒厳令下の台湾で地下出版された『中国之没落』(台湾・前衛出版社)が反響を呼び、評論活動に入る。現在、拓殖大学日本文化研究所客員教授、日本李登輝友の会常務理事。1994年、『台湾人的価値観』(前衛出版社)で巫永福文明評論賞、台湾ペンクラブ賞受賞。主な著書に、『捏造された日本史』(日本文芸社)、『日中戦争知られざる真実』、『近代中国は日本がつくった』、『中国「反日」の狂奔』(以上、光文社)、『中国が死んでも日本に勝てない7つの理由』(青春出版社)など多数がある。

シリーズ一覧

ページの先頭へ