韓国「反日謀略」の罠

著者名

拳骨拓史

判型

四六判

定価

1404円(本体1300円+税)

発売日

2014/03/26

ISBN

9784594070243

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

朴槿恵韓国大統領の激しい反日発言の裏にあるものは何か。朴大統領はこれまでの大統領に比べると特別に激しいのか。日韓関係の悪化を食い止める方策とは何か。戦時徴用工を巡る日本企業に対する訴訟、韓国の現職国会議員によるスパイ活動の実態、韓国の反日運動を後押しする日本人……戦後の日韓関係で起こった事実を踏まえながら、現在の韓国で広がる反日の実態に迫る。

目次

第一章 韓国歴代大統領の反日ダンスは止まらない
第二章 韓国にはびこる北朝鮮のスパイたち
第三章 反日で突き進む韓国の司法
第四章 反日日本人という病巣
終 ...
続きを見る

著者プロフィール

NoImage

拳骨拓史
1976年生まれ。作家。漢学、東洋思想、東洋史の研究を行い、名越二荒之助(元高千穂商科大学教授)、杉之尾宜生(元防衛大学教授)に師事。日本のみならず、中国・韓国などで論文や研究発表などを精力的におこない成果を挙げている。著書に『「日本と中国 」歴史の真実』(経済界)、『中国が憧れた理想の国日本』(草思社)、『日本陸軍に学ぶ「部下を本気にさせる」マネジメント』(扶桑社)など。

シリーズ一覧

ページの先頭へ