森巣博ギャンブル叢書2
賭ける ゆえに我あり

著者名

森巣博

判型

新書判

定価

1404円(本体1300円+税)

発売日

2015/06/02

ISBN

9784594072766

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

カジノ語りの第一人者が、正しいカジノとの付き合い方を説く!

カジノに必勝法はないが、必敗法はある!「カジノ法案」の成立を間近に控え、世界のカジノで40年間闘ってきたギャンブラー兼作家の森巣博が、実践的“博奕学”を伝授する!

著者プロフィール

NoImage

森巣博
1948年、日本生まれ。雑誌編集者・記者を経て、’75年のロンドンよりカシノ賭博の「常打ち」賭人を目指す。現在、オーストラリアを拠点とし、世界中の賭場を攻める国際博奕打ち。’94年度全豪牌九(パイガオ)選手権者。著書に「無境界の人」(集英社文庫)、『無境界家族』(集英社)、「神はダイスを遊ばない」(飛鳥新社)、「ろくでなしのバラッド」(小学館文庫)、「ジゴクラク」(光文社)など。「無帰属」の志を縦軸に、ギャンブル体験を横軸にして綴る、簡潔で明晰な文章には定評がある。「非国民栄誉賞」を生涯目標とする「不純文学」の鬼才。

シリーズ一覧

ページの先頭へ