我が名は切り裂きジャック (上)

著者名

スティーヴン・ハンター 著 , 公手成幸

判型

文庫判

定価

972円(本体900円+税)

発売日

2016/05/06

ISBN

9784594074715

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

巨匠ハンターの新境地切り裂きジャック事件の謎に記者に挑む!

1888年秋、ロンドンのホワイトチャペルを襲った恐怖。次々と娼婦を惨殺する謎の殺人鬼の正体とは?新聞記者ジェブが事件の真相を追う。衝撃のヴィクトリアン・ミステリー。

著者プロフィール

NoImage

スティーヴン・ハンター
1946年ミズーリ州カンザスシティ生まれ。68年ノースウェスタン大学卒業。71年ボルティモアサン紙に入社、書評担当などを経て映画批評担当になる。96年ワシントンポスト紙に転じ、映画批評部門のチーフとなる。2003年ピューリッツアー賞(批評部門)を受賞。現在もスワガー・シリーズを執筆中。

NoImage

公手成幸
英米文学翻訳者。主な訳書に、ハンター『ダーティホワイトボーイズ』『ブラックライト』『狩りのとき』『悪徳の都』『最も危険な場所』『ハバナの男たち』『四十七人目の男』『黄昏の狙撃手』『蘇るスナイパー』『デッド・ゼロ 一撃必殺』(以上、扶桑社ミステリー)、スウィアジンスキー『解雇手当』、スティール『傭兵チーム、極寒の地へ』、ヤング『脱出山脈』(以上、ハヤカワ文庫)、デイヴィッド『時限捜査』(創元推理文庫)がある。

シリーズ一覧

ページの先頭へ