日本と世界がわかる最強の日本史

著者名

八幡和郎

判型

新書判

定価

950円(本体880円+税)

発売日

2017/03/02

ISBN

9784594076269

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

日本史を世界の視点でとらえ直す「最強の世界史」姉妹編!

本書は歴史書に多い中国優先や韓国配慮で日本史を捉えず、日本の立場から東洋史を再構築する。同時に近現代史では、近代日本の世界史的意義を公平な視線で明らかにする。

著者プロフィール

NoImage

八幡和郎
1951年滋賀県生まれ。東京大学法学部卒業。通商産業省(現 経済産業省)入省。フランスの国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官参事官などを歴任後、現在、徳島文理大学教授を務めるほか、作家、評論家としても活躍中。著書に『本当は恐ろしい江戸時代』『本当は誰が一番? この国の首相たち』(いずれもソフトバンク新書)、『47都道府県の戦国姫たちの野望』(講談社)など多数。

シリーズ一覧

ページの先頭へ