輝く宝石は愛の言葉

著者名

サブリナ・ジェフリーズ 著 , 上中京

判型

文庫判

定価

1242円(本体1150円+税)

発売日

2017/05/02

ISBN

9784594077013

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

ヒストリカルの女王、〈公爵の探偵団〉シリーズ、待望の第2弾!

宝石職人のイーザと公爵の血縁者で探偵のヴィクター。新婚当時に運命のいたずらで離れ離れになった二人が十年ぶりに再会する。しかしイーザには明かせない秘密があった…

著者プロフィール

NoImage

サブリナ・ジェフリーズ
ニューオーリンズ生まれ。宣教師だった両親とともにタイで少女時代を過ごす。英文学の准教授を経て作家に転身。長編6作とアンソロジー2作からなる本作『淑女たちの修養学校』シリーズのほか、『背徳の貴公子』三部作(MIRA文庫)など多数のリージェンシー・ロマンスを発表。各種ベストセラーリストの上位を賑わせ、軽快な会話やセクシーさ、時代考証の確かさなどが高く評価されている。現在、夫と息子とともにノースカロライナに在住。

NoImage

上中京
関西学院大学文学部英文科卒業。英米文学翻訳家。訳書にライス『真夜中の男】他シリーズ三作、『闇を駆けぬけて』(扶桑社ロマンス)、ケント『嘘つきな唇』、ブロックマン『この想いはただ苦しくて』(以上、ランダムハウス講談社)など。

シリーズ一覧

ページの先頭へ