老いの整理学

著者名

外山滋比古

判型

文庫判

定価

648円(本体600円+税)

発売日

2017/12/02

ISBN

9784594078720

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

186万部突破のベストセラー『思考の整理学』の著者
91歳の「知の巨人」が実践する知的な老い方!
――「日々にわれわれは賢くなりゆく」

年を忘れる老い方
八十代から始めた炊事
ホメられるススメ
知らない病気は治る!?
ストレスにも新陳代謝
怒りは新しい養生
命を延ばす涙
「敵」は長生きの妙薬
威張るという生き甲斐
シュリンケージ(縮小)予防
「新聞を読む」という荒業
昼入浴のススメ……

――だから年を取っても健康です!

著者プロフィール

NoImage

外山滋比古
1923年、愛知県生まれ。お茶の水女子大学名誉教授。東京文理科大学英文科卒業。雑誌『英語少年』編集、東京教育大学助教授、お茶の水女子大学教授、昭和女子大学教授を経て、現在に至る。文学博士。英文学のみならず、思考、日本語論などさまざまな分野で創造的な仕事を続け、その存在は、「知の巨匠」と称される。著書に、およそ30年にわたりベストセラーとして読み継がれている『思考の整理学』(筑摩書房)をはじめ、『知的創造のヒント』(同社)、『日本語の論理』(中央公論新社)など多数。

シリーズ一覧

ページの先頭へ