2品で満足! ラクしてうまい! 笠原定食

著者名

笠原将弘

判型

A5判変型

定価

1296円(本体1200円+税)

発売日

2018/01/27

ISBN

9784594078898

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

晩ご飯のメニューが思い浮かばなかったり、メインは決まっても合わせる副菜に悩んだり、気づいたら茶色いおかずだらけになってしまったり…主婦にとって永遠の課題である「献立」。そこで、なにも考えなくても、本のとおりにつくれば、とびきりおいしい定食ができ上がるレシピを、予約の取れない人気和食店『賛否両論』の笠原さんが教えます。しかも、つくるのは、主菜と副菜の2品でいいから、とってもラク。和食の達人ならではの技とセンスが満載で、毎日のご飯づくりの悩みから解放される一冊です!

PART1肉定食
山椒から揚げ定食、鶏つくね定食、みぞれポン酢トンカツ定食など
PART2魚定食
サーモンのニンニク照り焼き定食、サバとカブの揚げびたし定食など
PART3麺&どんぶり定食
あんかけうどん定食、トマト親子丼定食、白麻婆麺定食など
PART4遅く帰った日の定食
マイタケショウガ焼き定食、豆腐カレー定食、鶏とキノコの小鍋定食など

1か月のご飯づくり役立つ全30定食!

(コラム)
●定食に合わせたい汁物
●つくっておくと便利な常備菜

著者プロフィール

NoImage

笠原将弘
1972年9月3日、東京都に生まれる。 1991年『東京吉兆』に入社。新宿「正月屋吉兆」にて9年間修行する。 2000年、父の死去に伴い志を引き継いで、実家の武蔵小山『とり将』を継ぐ。 2004年にオーナーシェフとして、恵比寿に『賛否両論』を開店する。 2005年、新しい料理のあり方を求めて、『なすび亭』吉岡英尋氏、『タツヤ・カワゴエ』川越達也氏、『オステリア ルッカ』桝谷周一郎氏との4名で、“シェフズ・コラボレーション「CESSE」(セッサ)”を結成。名前の由来は、“切磋琢磨”。ジャンルを超えた新たな料理の創作や、食を通じた社会貢献などさまざまな活動に挑む。日本料理界きっての中堅実力派として、活躍する料理人のひとり。

シリーズ一覧

ページの先頭へ