つめたい夜を抱いて

著者名

エリザベス・ノートン 著 , 颯田あきら

判型

文庫判

定価

1134円(本体1050円+税)

発売日

2018/06/02

ISBN

9784594079574

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

愛と危険と官能に満ちたロマンティックミステリー

18年前に兄を目の前で失ったサマンサは、その忌まわしい記憶に苛まれながら故郷で教師を続けている。職場へ派遣されてきたイーサンとは、意識しあう仲だが、彼もまた辛い秘密を抱えていて――。

著者プロフィール

NoImage

エリザベス・ノートン
科学教師を経て、本書でデビュー。2010年度RITA賞のロマンティック・サスペンス部門とベスト・ファースト・ブック部門のダブル・ファイナリストとなる。本書を第一作とする<Stolen三部作>のほか、<Eternak Guardians>シリーズ、<Firebrand>シリーズがあり、本国ではすでに人気作家の仲間入りを果たしている。オレゴン州在住。

NoImage

颯田あきら
翻訳家。東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了。主な訳書に、ローガン『口づけは暗闇の中で』『心の秘密を盗まれて』、リー『家路を探す鳩のように』『天翔ける白鳥のように』『愛を歌う小夜啼鳥のように』(すべて小社刊)がある。

シリーズ一覧

ページの先頭へ