韓国人による沈韓論

たちまち20万部突破!『韓国人による恥韓論』待望の第2弾!

生粋の韓国人である著者が、セウォル号の「沈」没事故と、「韓」国の反日思想の類似点を検証し、両者が酷似することを曝け出した。「隣国の病巣を知る必読書!

Editor's Choice 編集者イチオシ本

ファイナルガール

 小社刊の文芸誌『en-taxi』に掲載された短編小説5編に既発の2編を加えて、ここに、可笑しくも痛切な恋愛小説集が誕生しました。
著者は、2013 年に「爪と目」で第149 回芥川賞を受賞した藤野可織さん。連続殺人鬼の到来を予期して生きる女の愛と覚悟を描いた表題作をはじめ、「恋愛小説集」でありながら、その収録作品のテイストはバリエーションに富んでいます。「去勢」はストーカー小説であり、「狼」は赤ずきんを題材にしたホラー、「戦争」は換骨奪胎された悪漢小説と言うこともできましょう。
そんな藤野ワールド全開の短篇集。みなさんも読めば、企みに満ちた物語群に必ずや魅了されることでしょう。

ジャンルから本を探す

レーベル・シリーズから本を探す

著者一覧から本を探す

ページの先頭へ