著者プロフィール

NoImage

森住卓
1951年生まれ。フォトジャーナリスト。米軍基地や環境問題をテーマに取材活動を開始。1983年より三宅島米軍基地問題の長期取材に入り、共著『ドキュメント三宅島』(大月書店)で1988年に日本ジャーナリスト会議奨励賞を受賞。1994年より世界の核実験場被爆者取材を開始する。1994年『旧ソ連セミパラチンスク核実験場の村―被爆者のさけび』を自費出版、売り上げを被爆者の薬代に充てている。セミパラチンスクの写真で1996年視点展「視点賞」。1999年『セミパラチンスク―草原の民・核汚染の50年』(高文研)を上梓。週刊現代『ドキュメント写真大賞』、第5回平和協同ジャーナリスト基金奨励賞をそれぞれ受賞。2000年『民族の嘆き―コソボ1999』で写真公募展「視点」奨励賞受賞。『セミパラチンクス 草原の民・核汚染の50年』(高文研)が日本ジャーナリスト会議特別賞受賞。2002年『イラク・湾岸戦争の子どもたち―劣化ウラン弾は何をもたらしたか』(高文研)を上梓。同写真展が日本、アメリカ、イギリス、オーストラリアで巡回中。2003年『イラクからの報告』(小学館文庫)『私たちは今、イラクにいます』(講談社)『核に蝕まれる地球』(岩波書店)を上梓。2005年『イラク―占領と核汚染』(高文研)を上梓。2009年『沖縄戦「集団自決」を生きる』(高文研)、写真で見る「シリーズ核汚染の地球」3巻『①楽園に降った死の灰 マーシャル諸島共和国』『②ムスタファの村 イラク共和国』『③六本足子牛 カザフスタン共和国』(ともに新日本出版社)を上梓。著書にはほかに『ウィーンフィルハーモニー管弦楽団』(読売新聞社)など。現在、湾岸戦争、イラク戦争で米英軍が使った劣化ウラン弾の被害を取材中。ユーゴスラビアでNATO軍が使った劣化ウラン弾の被曝者も取材中。2011年2月にインターネットのフォトジャーナリズ誌『fotgazet』を創刊

検索結果一覧

「森住卓」 検索結果一覧

1件中 1 - 1件 を表示

福島第一原発  風下の村

定価

1028円(税込)

発売日

2011/12/15

   
ページの先頭へ