著者プロフィール

NoImage

重松清
1963年岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒。出版社勤務を経て、執筆活動に入る。91年『ビフォア・ラン』でデビュー。99年『ナイフ』で坪田譲治賞、『エイジ』で山本周五郎賞、01年『ビタミンF』で直木三十五賞、10年『十字架』で吉川英治文学賞を受賞。
著書に『流星ワゴン』『疾走』『その日のまえに』『カシオペアの丘で』『とんび』『ステップ』『きみ去りしのち』『峠うどん物語』『空より高く』等多数。ルポルタージュ、ノンフィクション作品には『星をつくった男 阿久悠とその時代』『希望の地図』など。現在、季刊文芸誌「en-taxi」の編集同人も務める。

検索結果一覧

「重松清」 検索結果一覧

2件中 1 - 2件 を表示

この人たちについての14万字ちょっと

定価

1620円(税込)

発売日

2014/11/25

電子版あり

また次の春へ

定価

1512円(税込)

発売日

2013/03/11

電子版あり
 
ページの先頭へ