Numero TOKYO No.110 OCTOBER 2017
この秋、赤を着る女は美しい

定価

720円(本体667円 + 税)

発売日

2017/8/28

JANコード

4910171991075

雑誌コード

17199-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

Special Feature

VIVA DONNA
おしゃれまるごと赤の気分 この秋、赤を着る女は美しい

ゴダールの映画と小津安二郎の映画には一つの共通点がある。それは「赤」の存在。『軽蔑』のブリジット・バルドーが着ていた赤のドレス。『秋刀魚の味』の岩下志麻の赤いスカート。赤の唇に、赤いハイヒール、赤い帯。35ミリの横長のスクリーンに赤が入り込むだけで、そのシーンは脳裏に焼きつく。今シーズンのプラダのショウを見ていて、はっとする瞬間があった。手編みのニットやツイードジャケット姿のさまざまな女性たちがランウェイを歩く中でひときわ目を引いた真っ赤なドレス。ピンナップガールのような一枚に身を包み、堂々と前を見据えて歩くその自信に満ちた表情。ボディラインを強調したデザインだけど全く媚びない。

赤は女性に自信や勇気、そして強さを呼び起こさせる。今回カンヌの広告賞で話題になったキャンペーンのタイトルは「FEARLESS GIRL」。恐れを知らない一人の少女がNYのウォール街の真ん中にある男性社会の象徴、チャージングブル像を前に胸を張って立っている銅像のキャンペーンだ。また、現在、NYのMETで開催されている「Rei Kawakubo Comme des Garçons Art of the In-Between」展の「War/Peace」と名付けられた中にも赤のコーナーがあった。造形美と素材の濃淡が織りなすコレクションには川久保玲の狂気すら感じた。
女性を表現するときの“優しい”“かわいい”だけじゃない、“恐れを知らない”という言葉が私たちを勇気づけてくれる。赤はまさに、私たちに強さを与えてくれる魔法の色だ
ファッションだけじゃなくリップやネイル、部屋に赤いバラがあるだけで、毎日は女らしさに彩られる。この秋、あなたの「赤」を見つけて、豊かで喜びに満ちた時間を過ごしてみませんか。

CONTENTS

VIVA DONNA
この秋、赤を着る女は美しい

■NAOTOスタイリストへの道vol.5 東京 POSSE STORY
SHOKICHI、登坂広臣、佐野玲...
続きを見る

Numero TOKYO の本

ページの先頭へ