わたしどものラインナップのなかでも、出版予定の問い合わせが多い作家のひとりが、ジャネット・イヴァノヴィッチです。
 そのイヴァノヴィッチに関して、重要なお知らせがあります。

ステファニー・プラム・シリーズのつづきを、扶桑社では出せなくなってしまいました!

 ご心配なく、日本語版の出版権は他社が取得しましたので、早晩お読みいただけることは間違いないところ(どこの出版社かは、わたしどもも知りません)。

 この件に関しては、語っても語りきれない紆余曲折、失敗反省、不平不満が多々あるのですが、まずはご報告まで。

 イヴァノヴィッチですが、7月には『気分はフルハウス』のシリーズ第2作が出版されますので、まずはそちらをお楽しみに。(編集部・T)

2007年5月30日 14:09

コメント(4)

Comment

  • > kajieさま

    読者のみなさまには、ほんとうに申し訳ないと思っております。
    うまく交渉をまとめられずに、ここまでお待たせしてしまったのですから。
    ただ、新しくプラムの版権を取得した出版社さんは、シリーズをある程度まとめて取られたと聞きました。
    というわけで、あらためてコンスタントに続きが紹介されていくと思いますので、お楽しみに。



    |編集部・T|2007年6月13日 21:20

  • せつないです・・・
    以前問い合わせをした1人で、まさにプラムクレイジーです。
    本当に残念でなりません・・・



    |にょろり|2007年7月13日 14:45

  • > にょろりさま

    こちらこそ、読者の皆様のご期待にそえず、申し訳なく存じます。
    でも、ご心配なく。
    今後は、集英社さんから、細美遙子さんの訳で続きが出るとのことです!
    お楽しみに。



    |編集部・T|2007年7月17日 15:22

  • コメントする

    ページの先頭へ