お待たせいたしました。今月の扶桑社ロマンスは、『真夜中の天使』。人気沸騰中の〈真夜中〉シリーズ第三弾、一応の完結編です。

%90%5E%96%E9%92%86%82%CC%93V%8Eg.jpg

■真夜中の天使
■リサ・マリー・ライス 著
■上中 京 訳
■文庫判
■定価900円(税込)
■2007年11月30日
■ISBN978-4-594-05528-8
■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1
あらすじはこんな感じでございます。

特殊部隊の鬼教官として、殊更にこわもてのイメージを保ってきたコワルスキ。音楽を愛する心優しい内面など理解されなくても構わなかった。だが警備会社の経営者となると、一般人との関わりに悩まねばならない。
そんな彼の前に天使が舞い降りた。コワルスキの真実の姿を心の目で見てくれる盲目の歌姫アレグラは、神様からのご褒美としか思えなかった。
しかし、アレグラの光を奪った事件が、再び彼女を苦しめ始める。
『真夜中の男』『真夜中の誘惑』に続く、官能のロマンティック・サスペンス第三弾!

過保護系アルファ・メールと、自立心の強い女性の、濃密でホットな愛を描いてきた本シリーズ。おかげさまで大好評をいただいております。
本作においても、愛する女を「守る」男、という基本テーマはもっとも端的な形で表現されています(キャラの設定だけでもわかりますよね)。笑っちゃうくらいの過激な描写や、手に汗握るサスペンス、気の利いた会話、そしてジョンやバドに負けないくらいキャラたちまくりのコワルスキ……。前作をお楽しみいただけた方なら、きっと気に入っていただけるはず。
今回、とくに注目してほしいポイントは「音」。
光を失ったアレグラにとって、世界は音でしか認識できません。そして、自らを表現する手段もまた音楽です。
一方のコワルスキは、泣く子も黙る、いかつい風貌ながら、豊かなバスの美声の持ち主。
二人をつなぐのは、音楽。そして声なのです。
ちなみに、ミステリー的な部分でも、本作で音はたいへん重要な役割を果たします。
単に視力に障害のあるヒロインというだけでなく、作品の端々まで二人の認識している世界の差異を織り込んでくるリサ・マリー・ライスの筆力には感心しきりです。
考えてみると、第一作の「一般人」と「元軍人」、第二作の「大富豪」と「庶民」に続き、究極の「別世界に生きる二人の出会いと愛」を描こうとしてるんだなあ、なんて。

続編の予定もあるようなのですが、シリーズ既刊作の紹介はこれでいったんの締め。
でも、リサ・マリーの新作が読みたい!!という方に朗報です。
来年の春ごろにノンシリーズの新刊をご紹介できると思います。主人公はまたも元SEALのアルファなヒーローなのですが、〈真夜中〉シリーズとはちょっと毛色の変わった作品となっております。彼女の現時点での最高傑作との声もちらほら。ぜひご期待ください!

2007年11月28日 13:31

コメント(2)

Comment

  • 「真夜中」シリーズの続編も、是非扶桑社さんでお願いします。楽しみにしています。
    出来れば、発売予定も掲示して頂ければ幸いです。



    |ジョンのファン|2007年11月28日 14:09

  • 2月下旬の新刊としてご紹介の新シリーズが発売となっていたかと思うのですが(書店情報)延期になったのでしょうか?全然見当たらないのですが?



    |匿名|2008年3月 3日 14:19

  • コメントする

    ページの先頭へ