ウォン・カーウァイ監督が、ハリウッド・キャストで作った、初めての全編英語の映画が、この『マイ・ブルーベリー・ナイツ』です。

MyBlueberryNights.jpg

■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1

「なんだ、映画のノベライズか」と思われたミステリー・ファンのあなた、見のがしてはいけません。
 ウォン・カーウァイのストーリーを脚本化したのは、ローレンス・ブロックなのです。

 NYのダイナーに現われた若い女性エリザベス。
 男に捨てられた彼女を迎え入れてくれたのは、オーナーのジェレミーと、毎日彼が作るのに売れのこるブルーベリーパイ。
 少しずつ心の距離が近づく2人。
 そんなある日、彼女は決心する。
「新しい恋に踏みだすまえに、回り道をしよう……」
 メンフィスからラスヴェガスと旅をしながら、エリザベスが出会う、さまざまな愛の形。
 せつなくて幸福な、恋愛ロード・ムービーです。

 エリザベスを演じるのは、映画初出演となる歌手ノラ・ジョーンズ。
 相手役のジェレミーに、ジュード・ロウ。
 その他、レイチェル・ワイズとデイヴィッド・ストラザーンの夫婦や、ギャンブラーのナタリー・ポートマンなど、キャスティングは豪華。
 そこにくわえて、ローレンス・ブロックのたくみなセリフに、ウォン・カーウァイらしい映像美が相乗効果をあげ、忘れられない映画になっています。

2008年3月10日 12:35

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ