2008年03月05日
【扶桑社ロマンス】

今後の扶桑社ロマンスのラインナップ


いつも扶桑社ロマンスをご愛読いただき、まことにありがとうございます。
年初の時点で2月刊を予定しておりましたリサ・マリー・ライスの新刊に関しましては、
5月刊に変更いたしました。書店向けの仮情報を見て心待ちにしてくださっていた皆様、大変申し訳ございませんでした。
今後のロマンス出版情報についてのお問い合わせも多数いただいておりますので、お詫びかたがた、現時点での予定をお伝えしておきます。

3月末刊
『女狩人と竜の戦士』ノーラ・ロバーツ/著 柿沼瑛子/訳
ロマンスの女王がパラノーマルに挑む、《光の輪》トリロジーの第二弾。
4月末刊
『BETRAYAL』Karen Fenech/著  曽根原美保/訳
中世12世紀を舞台にしたヒストリカル。期待の新人作家の日本初紹介作。
5月末刊
『Valley of Silence』ノーラ・ロバーツ/著 柿沼瑛子/訳
《光の輪》トリロジー第三弾。
『Woman on the Run』リサ・マリー・ライス/著 上中 京/訳
《真夜中》シリーズの著者の単発ロマンティック・サスペンス。

以上は(ほぼ)確定でございます。

6月以降には、Karen HawkinsJennifer St. GilesSophie Jordanなど、日本初紹介作家が贈るヒストリカルのシリーズ作ほか、ノーラ・ロバーツ、コニー・メイスン、リサ・マリー・ライスといったお馴染みの作家による期待の新作が予定されています。
なるべく、毎月1〜2作お届けしていきたいと思いますので、
お見限りなきよう、今後ともご愛読のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

さらに、ひとつ隠し玉がございまして……。
超大作の本邦初紹介作なんですが、また詳細が決まりましたらご報告いたします。
訳者さんが、ゲラチェックで泣けて泣けて作業が進められないとおっしゃっていました……。なんとか、今年中にお届けできればうれしいなあ。
ぜひご期待ください!


投稿者mystery: 21:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fusosha.co.jp/blog/mt-tb.cgi/419

コメント




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)