キングの名作ホラー中編「霧」(『骸骨乗組員』所収)の映画化が、ついに実現!

%8AC%8AO%81j%8A%5B%8D%9C%8F%E6%91g%88%F504141845.jpg

■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1

 最初に話が出てから、いったいどれだけ待たされたことでしょう。
『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』でキング原作を映画化したフランク・ダラボンが、とうとう実現してくれました。

  『ミスト』
  2008年5月10日より、有楽町スバル座他、全国ロードショー

 謎の霧につつまれたスーパーマーケット。
 閉じこめられた多数の人びと。
 常軌を逸した霧の正体が明らかになるにつれ、人間たちに極限のドラマが...

 フランク・ダラボンの『ショーシャンクの空に』は、いまも愛されつづける映画としてトップランクに入るそうですが、もともとホラー・フリークのダラボンは、当時、『ショーシャンク』か『ミスト』か、どちらを映画化するか岐路に立たされていたそうです。
 その際に『ショーシャンク』を選択し、ダラボンは映画監督としての地位を確立したわけですが、逆に言うと今回の『ミスト』は、長年の夢の実現でもあるわけですね。
 それだけのことはあり、おそるべき映画に仕上がっています。

 もし未読のかたがいらっしゃったら、ぜひとも映画より先に原作を読まれることをおすすめします。
 とっくに読んだ、というかたも、あらためて読みなおされたうえで映画館に足を運ばれることをおすすめします。

 というのも、想像を超えるラストが待っているのです。
 ちょっと立ちなおれなくなるぐらいの衝撃が!(編集部・T)

2008年4月22日 18:58

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ