読み逃していませんか、ディーン・クーンツ

 5月3日の朝日新聞の書評欄に、瀬名秀明氏による『チックタック』評が出ました。
 ゴールデン・ウィークまっただなかの日曜の掲載とはいえ、その日から売れ行きが増え、うれしいかぎりであります。

(というのも、ここだけの話、もうすこし売れると期待していたのですが、思ったほどではなくて)

 こちらとしては、いかにもこわそうなホラーに作りあげたつもりです。
 そうやって盛りあげておいて、じっさい読んでみたら、なんだこりゃ、という心持ちを味わっていただきたかったのです。
 いや、もちろん、こわくないわけではないのですよ。
 ただ、この楽しさはちょっと特殊。
 どんな感じかというと...すばらしいイラストを描いていただいた影山徹氏の紹介をご参考に。

2008年5月 8日 15:28

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ