2年ぶりに登場の〈女検死官ジェシカ・コラン・シリーズ〉第8弾です。

hadanikizamareta.JPG

■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1

■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1

 今回の舞台は、アメリカ独立戦争の本拠地として知られるフィラデルフィア。
 旧大陸ヨーロッパ文化の面影が残るこの街は、多くの大学が点在する学術の都としても知られている。
 そのフィラデルフィアで、地元の大学の教員や学生たちが背中に詩を書いて、それをコーヒーハウスなどで披露するというパフォーマンスが流行っていた。
 そんなブームに便乗したかのような連続殺人事件がおきたのだ。
 被害者は全員、毒入りのインクを使って背中一面に詩を刻み込まれていた……。

 その事件捜査をサンティバ部長からもちかけられたジュシカの心は揺れ動いた。
 FBIフィラデルフィア支局には以前、遠距離恋愛の末、気まずい別れかたをしたジェームズ・パリーが勤務していた。
 その捜査を引き受ければ、パリーと一緒に仕事をすることになるのだ。
 だが、ジェシカはその仕事を引き受けることにし、パートナーの心霊捜査官キム・デジナーとともに現地に飛んだ!(編集部・N)

2008年10月29日 18:47

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ