雑誌“Forbes”が選ぶ、「収入が多い作家」ランキングが発表されました。
 さあ、どんな作家が選ばれたか、当ててみてください。
 これは、2007年6月1日から、2008年6月1日までの支払いを調べたもので、アドバンス(印税前払金)、印税、映画化権利料などを総合した金額だそうです。

 1位は、まあ、ご想像のとおり、J・K・ローリング
 それはそうでしょうね。
 年間の収入は、3億7500万ドルだそうですよ。
 40億円近いってことですか。
 作家個人の収入でこれだけあるわけですから、映画からなにからあわせたら、ほんとにハリー・ポッターは世界的な一大産業なのですね。

 2位は、ジェイムズ・パタースン
 この人は、日本とアメリカでの差がはげしいかもしれませんね。
 パタースンの年収は、5000万ドル。
 ローリングの稼ぎがいかに破格か、わかりますね。

 3位は、ご存じスティーヴン・キング
 これは、順当でしょう。
 ようやく扶桑社の作家が出てきましたね。

 4位は、トム・クランシー
 ゲームの稼ぎが大きいみたいです。

 5位は、ダニエル・スティール
 扶桑社ロマンスで復刊したいのですが、なかなかYesと言ってくれません。

 6位は、ジョン・グリシャムと、ディーン・クーンツが、2500万ドルでタイ。
 クーンツの『チックタック』を未読のかたがいらっしゃったら、強くおすすめしておきます。傑作ですから!

 8位は、ケン・フォレット
 アメリカで圧倒的な人気を誇るオプラ・ウィンフリーの番組で『大聖堂』が取りあげられ、その続編の出版もあって、時ならぬ大ブームになりました。

 9位は、ジャネット・イヴァノヴィッチ
 売れてると思ってはいたけど!
 ところで、よく問い合わせをいただくのですが、いまのところ『気分はフル回転!』の続刊の予定はないのです。ほんとうにすみません。

 そして、10位に入ったのは、ニコラス・スパークスでした。

 このリストを見ていると、なんかこう、いろいろ言いたくなるのですが……(編集部・T)

2008年10月 6日 19:20

コメント(2)

Comment

  • ジャネット・イヴァノヴィッチの扶桑社発刊の文庫ですが
    いくつかのタイトルはどこを探しても
    在庫切れで中古でも見あたりません
    別の出版社に続編が移行していますが
    そのあたりに問題があるから増刷、重版しないんですか?

    とくに市場では
    「サリーは謎解き名人」これは在庫希少なため
    アマゾンでは2000円近く値段が跳ね上がっています

    それから「わしの息子はろくでなし」
    こちらもどこを探しても見つからず

    他にも扶桑社発刊のジャネット・イヴァノヴィッチの
    ステェファニー・プラムシリーズは
    初期のタイトルは手に入りやすいけど
    それ以外は難しいです

    お願いです、もっと市場に目を向けて増刷してください
    私以外にも検索してみると、これらのシリーズを
    探している方がたくさんおられました。
    私の友人も探しているようです

    昨今、書籍は不況といわれていますし
    増刷するにも費用がかかるとは思いますが
    何卒、ご検討の上善処していただければと願っております



    |サム|2008年10月30日 07:20

  • サムさま

    イヴァノヴィッチ作品については、

    『私を愛したリボルバー』
    『九死に一生ハンター稼業』
    『気分はフル回転!』

    の3作品以外は、原著者との契約が終了しており、重版ができないのです。
    わたしどもとしては、在庫を売ることしかできません。
    なにとぞご了解いただければと存じます。

    イヴァノヴィッチへの問い合わせは、ほかにも多数いただいておりますので、あらためてきちんとこのblogでご報告いたします。



    |編集部・T|2008年10月30日 17:12

  • コメントする

    ページの先頭へ