講談社「IN★POCKET」誌の「2008年文庫翻訳ミステリー・ベスト10」が発表されました。

 扶桑社海外文庫から選ばれたのは、以下の3作品です。

「作家が選んだベスト10」第4位
 スティーヴン・ハンター『四十七人目の男』

「翻訳家&評論家が選んだベスト10」第7位
 ルイス・フェルナンド・ヴェリッシモ『ボルヘスと不死のオランウータン』

「翻訳家&評論家が選んだベスト10」第10位
 スコット・スミス『ルインズ 廃墟の奥へ』

 その他、作家が選ぶベスト11位には、ジャック・ケッチャム『閉店時間 ケッチャム中篇集』が選ばれています。

 選んでいただいたみなさま、ありがとうございます。
 未読のかたは、この機会にぜひ!

2008年11月14日 18:54

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ