『禁断のブルー・ダリア』につづく、ノーラ・ロバーツ〈ガーデン・トリロジー〉第2弾です。

black_rose.JPG

■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1

 今回のヒロインは園芸センター〈イン・ザ・ガーデン〉の経営者ロザリンド(ロズ)・ハーパー。
 南部の名家ハーパー家の令嬢として生まれ育ったロズは、若くして未亡人となってしまいます。
 残された三人の息子を女手ひとつで育て上げた彼女は、同時に広大な敷地有する先祖伝来のハーパー邸を守り抜いてもきた逞しく、しかも美しい女性です。

 前作『禁断のブルー・ダリア』で「はじめて会ったとき、歳を重ねたら彼女のようになりたいと思った」、とステラに言わしめた女性に憧れを抱かせるような女性。
 そんな彼女が恋に落ちます。五十歳目前のロズが、心をときめかせて恋の深みにはまってゆきます……。(編集部・N)

2008年12月 3日 17:21

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ