扶桑社ロマンス・ファンのみなさまにお知らせです。

「扶桑社ロマンス通信」を開設しました!

 扶桑社ロマンスの最新情報・関連ニュースなどをいち早くお届けします。

 読者のみなさんとの窓口にしたいと思っておりますので、これまで以上にご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。(編集部・T)

2008年12月25日 12:16

コメント(2)

Comment

  • 蛇足なのですが…
    せっかくブログも始まり…コメントなど既に一ケ月以上書き込みもできず、読めず、放置され…どこの出版社より、ネット書店での予約登録が遅く…いつまでたっても予約できず…場合によっては店頭設置の方が早かったりして、情報は、メール配信と新刊案内がほぼ同時…わざわざ登録したのに、先行情報や詳細がなく…出版の王道とは、販売戦略より本の中身に在り?でも、本の中身は読者と作者のもの。もうちょっと買いやすい環境を考慮してもらってもいいのでは?



    |mysty|2009年1月27日 13:37

  • mystyさま
    ご投稿、ありがとうございます。

    コメントが書きこめない点については、システム上の問題で、ご迷惑をおかけします。
    けっして、コメントを書きこめないように作ったわけではないのです。
    申し訳ありません!

    インターネット書店の件ですが、定価が決まり次第、情報を流すようにしているのですが、それぞれの書店さんごとに、対応でちがいがあるようです。
    また、発売日によっては、大手書店さんのほうがインターネット書店さんよりも早く店頭に並んでしまう場合もあります。
    インターネット書店さんの場合は、さまざまに対応も異なるようですので、詳細は個々の書店さんにお問い合わせいただいたほうが確実かと思います。
    わたしどものほうでも、あらためて流通の部署で態勢を整えるようにいたします。

    メールマガジンについては、月2回の配信をしております。
    携帯版よりもPC版のほうが、より詳細な情報をお読みいただけます。
    ただ、メールマガジンという機能上、お送りできる情報量にかぎりもあり、現在のような内容になっております。
    また、定価等の詳細については、発売の直前まで流動的なため、確定するまでお知らせすることができません。
    以上、ご了承いただければと思います。

    > 出版の王道とは、販売戦略より本の中身に在り?でも、本の中身は読者と作者のもの。もうちょっと買いやすい環境を考慮してもらってもいいのでは?

    おっしゃるとおりです。
    本の中身については編集が責任を持たなければいけませんが、商品をお客さまにうまくお届けできなければ、意味がないと思います。
    出版においては、流通が別だったりして、特有のいい点・悪い点がありますが、すべてはお読みいただくかたのためのビジネスです。
    反省して、がんばっていきたいと思います。



    |編集部・K|2009年1月28日 13:30

  • コメントする

    ページの先頭へ