2010年5月アーカイブ

 孤高のノワール作家ジム・トンプスンの最高傑作のひとつ『おれの中の殺し屋』が映画化されました!

 というと、トンプスン好きの方はバート・ケネディ監督による映画版(1976)を思い浮かべられるかもしれませんが、マイケル・ウィンターボトム監督による新たな映画化なのです。

 原作をお読みでないかたは、この機会にぜひ!
 扶桑社海外文庫の通巻1000番を記念して、とくに選んで新訳を出版した、歴史的名作です。
 巻末の、スティーヴン・キングによる力のこもった解説もいいですよ。

■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1


 キャストはルー・フォードにケイシー・アフレック、ジョイスにジェシカ・アルバ、エイミーにケイト・ハドソン
 英米で6月から公開の予定ですが、日本での公開の情報は、残念ながらまだ入ってきていません。 【2010年10月8日追記→こちらをご覧ください】

2010年5月25日 10:57 | | コメント(0)

ページの先頭へ