編集部・Yの名作紹介、お読みいただけましたか?
 そのスティーヴン・ハンター作品について、みなさまからよくいただくのが、

「『極大射程』を復刊してほしい」

というご意見です。

『極大射程』(新潮文庫)は、ご存じのように、ボブ・リー・スワガーのシリーズ第1作にあたり、日本では1998年に出版されて「このミステリーがすごい!」の海外編1位に輝き、扶桑社のどのハンター作品も足もとにおよばないほどの大ベストセラーとなった作品ですね。

 結論から申しますと、現在のところ、『極大射程』をわたしたちで復刊することはできないのです。

 権利関係を調べて驚いたのですが、新潮社さんの翻訳出版契約は、有効期間が無期限になっているというのです。

 通常、こういった契約では、5年とか7年とかの期限があります。
 したがって、ロングセラーになっている作品を重版して出しつづけるには、契約を延長するために、あらためて印税の前払いをしなければなりません。

これが、翻訳出版にはネックになるのです。
 その本が今後数年間にどれだけ売れるかを予測し、それに応じて前払いをするわけです。
 しかし、ロングセラーといっても売れ行きはすこしずつ落ちますし、しかもそういう本は、本国でも売れている場合が多いので、作家のエージェントも強気で対応してきます。
 つまり、会社としては余分な出費を避けたいし、相手はある程度の金額を要求してくるし、というところでネゴシエイトしなければならないのです。
 そのため、売れてはいるけれど、それほどではない、といった作品の場合、在庫がある程度残っているのであれば、それを売りつづけることができるので、あえて前払金を払う契約延長には消極的になってしまうのです。
 たとえば、扶桑社海外文庫で契約延長をしつづけている作家としては、ハンターのほか、コナリー、ケッチャム、ノーラ・ロバーツなど、鉄板の作家にかぎられます。
 イヴァノヴィッチなどは、1作めだけは延長しましたが、2作め以降は涙を飲んで契約打ち切りにせざるをえませんでした...

 閑話休題。
 そんなわけで、『極大射程』の日本での翻訳出版の期限が切れない以上、他社がその権利を取得することができないというわけです。
(契約期間無期限というのは、むかしはあったと聞いてはいましたが、じっさいに90年代に存在したとはビックリしました)

     *     *     *

 この機会なので、ハンター作品の翻訳の経過についてお話しします。
 どうして本国の出版順とズレたのか、というお問い合わせもいただきますので。

 わたしたちが最初に出版したハンターの作品は、『ダーティホワイトボーイズ』でした。

 この権利を取得した段階で、すでに Point of Impact(『極大射程』)はすでに新潮社さんが買っていらしたのですが、まだ出版されていませんでした。
 その新潮社さんが見送られたため、『ダーティホワイトボーイズ』は扶桑社にまわってきたのです。

 考えてみれば、当時ハンターといえば『さらばカタロニア戦線』『クルドの暗殺者』『真夜中のデッド・リミット』の作家だったので、『ダーティ~』は大きな方向転換と受けとめられました。
 まさにノンストップのピカレスク・バイオレンス小説というべきこの作品のテイストは、扶桑社にピッタリだったのですね(笑)。

 ところが刊行後、ハンターがじつは、未刊行のPoint of Impact にはじまる壮大なサーガを構想し、『ダーティホワイトボーイズ』もそのなかに位置づけられることが判明!
 ハンターの最新作を出版した扶桑社は、順調に次作を取得することができました。
 それが『ブラックライト』です。
 ここでついにボブ・リーが主人公として登場したわけですが、この段階でもシリーズ第1作は日本では刊行されていませんでした。
 ヒーローの初登場が紹介されないまま、シリーズをつづけるのもなあ――と思っても、わたしたちではどうすることもできません。

 そのまま次の『狩りのとき』にいたるのですが、シリーズの白眉となるこの大作に先がけ、狙ったように『極大射程』が登場! 一大ベストセラーとなったことは、すでにご説明したとおりです...

『狩りのとき』に先だって『極大射程』が出版されたのはよかったと思います。
 しかし、おなじ年度にそろって出てしまったこともあって(ついでに新潮社と扶桑社の力の差もあって?)、話題は『極大射程』にさらわれてしまう格好になりました。

 ま、こんなことを言ってはなんですけど、個人的には『狩りのとき』のほうがすばらしいと思うわけです。
 あのヴェトナム戦場の圧倒的な描写。そしてもちろん、ボブ・リーのヒーロー像と、彼が孤高の英雄であってこそ成りたつ、ストーリー上のツイスト。重量級の名作といえましょう。

 と、負け犬の遠吠えじみたみっともない話になってしまいましたが、ともかく、扶桑社ではその後のハンター作品を一貫して出版してきました。
 おかげさまで『蘇えるスナイパー』は大好評ですが、これは本国でもおなじで、いままでのハンター作品のなかでもっとも長くNYタイムズのベストセラー・リストにとどまっています
 アメリカでは、ついに新作 Dead Zero が発売され、これも「『蘇えるスナイパー』とおなじ波に乗るだろう」と高い評価を得ています。
 こちらの版権が取得できましたら、またご報告します。

2011年1月20日 09:44

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ