かねてより、続報があればお伝えすると申し上げておりました、スティーヴン・ハンターの新作『Dead Zero』(邦題未定)ですが、ついに上・下巻分とも翻訳があがりました!

これから、鋭意編集作業が進められるわけですが、
一応のところ、例年どおり12月頭の発売で世に問うめどはたったかと存じます。
といいつつ、何がどうなるかはわかりませんので、あくまで「予定」ということで御了承ください。

いろいろ、すごいっすよ、マジで。ご期待ください。

また、F.P.ウィルスンの始末屋ジャックシリーズ最新作、『Infernal』(邦題未定)も無事、翻訳はあがっております。
いよいよ、大詰めに向けて物語も盛り上がってまいりました。
会社の要請で隔月刊でお届けしていることもあり、これから発売時期を販売部と詰めなければならないのですが、なるべく早く読んでいただけるよう頑張って交渉したいと思います。
刊行時期が決まったら、またご報告申し上げますね。


なお、10月頭に出す次の新刊は、
ジェフ・ニコルスンの『装飾庭園殺人事件』
別冊宝島の「隠し玉」で、編集子が本年度最大級の魔球としてご紹介した、例のやつ。
翻訳してくださった風間賢二さんがツイッターでもさかんに発信されているとおり、
ぶっちゃけ、傑作です
もしかすると、もしかするよね・・・・これ。

刊行点数は(発行部数も)微々たるものですが、アクション、ホラー、本格系と全方位作戦を展開中の扶桑社に、よりいっそうのご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。(編集Y)

2011年8月27日 14:58

コメント(8)

Comment

  • ジャック!待ってました!



    |N|2011年9月 1日 17:24

  • ジャック!!うれしーです!



    |匿名|2011年9月10日 01:08

  • いやあ、本当に待ってました。ジャック。ハンターの新作も出るとはうれしいなあ。早めにお願いします。続きも早く!



    |匿名|2011年9月24日 01:19

  • 黄昏の狙撃手は、小学生並の、文章で、最低で、最悪でした。すぐに返品したい、くらいです。
    ・・・黄昏の狙撃手の文章をマネして書いてみました。
    あまりにもヒドイ訳です。S・ハンターの小説はかなり期待していた分、怒りが湧いてきました。



    |ドルチ|2011年10月16日 23:48

  • ジャック、12月下旬との発売予定が出ましたね。シリーズ物は、長くなればなるほど商売的には厳しくなると聞きますが、御社に可能な限り出版していただけましたらありがたく存じます。



    |匿名|2011年11月22日 13:08

  • まだかまだかと待ってます。
    時期が決まったら報告するって書いてるのに他の方のコメントで知ることになるなんて。
    あと1ヶ月の我慢なんですか?



    |カテンベ|2011年11月23日 21:08

  • いつもご愛顧ありがとうございます。
    おまたせしてしまって、あいすみません。

    事前情報は、おそらく取次・書店向けの予定一覧をご覧になられてのことかと思います。
    現状、まだゲラ作業の真っ最中で、正式にお伝えする段階にありませんが、このままいけばほぼ予定どおりクリスマスごろ(物語もその時期のお話)には発売できそうです。
    あとしばらくおまちくださいませ。
    今後共、応援のほどよろしくお願いいたします。



    |編集Y|2011年11月25日 22:14

  • コメントする

    ページの先頭へ