2012年1月アーカイブ

たいへんお待たせいたしました。
数年前の別冊宝島の隠し玉コーナーでご紹介して以来、
ようやく皆様にお届けできるはこびとなりました。

デイル・ブラウンの新作、ついに登場です。

%8B%F3%94%9A.bmp


■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1
■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1

アメリカ空軍の歴戦の勇士マクラナハンは、科学技術の粋を結集した超近代的な集団を率いるリーダーだ。
彼の目下の懸念事項は、中央アジアのトルクメニスタン情勢だった。
資源豊富なこの国は、イスラム軍の侵攻を受け、さらには混乱に乗じたロシアによって首都を占領され、分断状態に陥っていた。危険なロシア大統領は、国連安保理の勧告を無視して占領地域を広げ、いまや秘密裡にミサイル配備まで進めていた。ロシアは武力による制圧を企図している――それを察したマクラナハンは、作戦行動に出る!
極秘に展開するロシア軍に対し、マクラナハンは、最新鋭の無人ステルス機を使って巧妙かつ果敢に挑戦。しかしその行動は軍内部に嵐を巻き起こす。かたや、復讐を誓うロシア大統領は、自軍の配備の転換をはかっていた。
これは米本土への空爆準備だ――そんなマクラナハンの分析は、米軍にさらなる波紋を広げる。そしてついにロシアが牙をむくとき、アメリカをかつてない悪夢が襲う……
ハイテク軍事サスペンスの巨匠が復活! 圧倒的な兵器描写と豪胆な兵士たちの戦いを活写する、戦争冒険小説。(編集M)

2012年1月31日 20:32 | | コメント(0)

 昨年のアメリカ書店業界では、Bordersという大チェーンが倒れるというたいへんな出来事がありました。
 おかげで、カンザスシティ周辺でも、5店舗が消える事態になったのですが、さらにもう1件、独立系のミステリー専門書店〈I Love A Mystery〉が閉店すると発表されました。
 この店のオーナーが2009年に亡くなり、そのあとを継いだベッチ・ウェストがコロラド州の書店のバイヤーとなったため、昨年の夏、ついに店を閉める決断をしたのです。

 しかし、9月になっても建物の売却先が決まらなかったことから、それならとウェストは店の存続を決定。
 もちろん、閉店セールで売り上げが伸びたことも一因だったようです。
 この書店、2万点の古書と3000点の新刊をそろえていたのですが、すでに古書の4分の1、新刊の半分をセールで売ってしまっていました。
 そこで店のマネジャーたちは、年末のホリデー・シーズンにむけて、あらためて在庫を立てなおさなければなりませんでした。

 これだけでもカンザスのミステリー・ファンは喜んだことでしょうが、さらにオマケが。
 閉店が決定して解雇された〈I Love A Mystery〉の店員が、この地域の読者を捨ておけないと、みずからミステリー専門店を立ちあげようと準備をはじめていたのです。
 5マイルと離れていない商業地区に店舗を借り、今月中にリノベーションが終われば開店する予定だといいます。
〈Mysteryscape〉という店名で、すでに〈I Love A Mystery〉で開催されていたコージー・ミステリーの読書会2組のうちひとつが、こちらに移ることになっているとか。
 もっとも、〈Mysteryscape〉は新刊6:古書4の割合の品ぞろえで、SF、ホラー、パラノーマルといったジャンルでもミステリー要素があれば仕入れるとのこと。
 客層が若いので、両店が食いあうことはないだろうと見られているそうです。

 いずれにしても、ちょっとうらやましい話です。
 彼の地の書店は、地域文化に根ざしているようですね。

2012年1月 5日 15:28 | | コメント(0)

ページの先頭へ