映画『シャドー・ダンサー』の公開がはじまりました。
 シネスイッチ銀座ほか、全国で順次公開されます。

 舞台は1990年代前半の英国。
 IRA闘士であるヒロイン・コレットは、ロンドンでの爆弾テロに失敗し、英国当局に拘束されてします。
 幼い息子との生活も終わりかと思われたコレットに、MI5のマックはスパイになる道を提示します。
 IRAの情報を定期的にMI5に提供すれば、息子のもとへ帰れる...しかしそれは、祖国と組織、そして家族を裏切ることにもなるのです。
 こうしてコレットの密告者としての生活がはじまるのでした。

 本作品は、1999年に本文庫から発売された『哀しみの密告者』の映画化です。
61E6M461FRL._SS500_.jpg

 作者トム・ブラッドビーが、みずから脚本を執筆。
 監督は、アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門に輝く『マン・オン・ワイヤー』のジェイムズ・マーシュで、ブラッドビーとともに脚本にもたずさわっています。

 今回、残念ながら原作を復刊することはかないませんでしたが、作者のブラッドビーは、みずからジャーナリストとしてアイルランドの実情を見て、この小説を書きあげました。
 映画では、冒頭で少女時代のコレットが弟を亡くすシーンが描かれますが、原作では夫も英国との紛争で失っていることが描かれます。 それだけに、なおのこと息子を守らなければならないヒロインの心情が胸を打ちます。
 当時、アイルランド紛争は先の見えない状況でしたから、原作は心の張り裂けるようなつらい結末になだれこみます。

 しかしいま、エリザベス女王がダブリンを訪問するなど、英国とアイルランドの歴史的な和解が進んでいます。
 そのような現実を反映してか、今回の映画化は、べつな角度から驚くべき結末を用意してくれました。
 ちょうどセント・パトリック・デイも終わったところ。
 あらためてアイルランド紛争を考えてみるきっかけになればと思います。

 コレットを演じるのは、『ウォリスとエドワード』のアンドレア・ライズボロー。
 対するMI5のマックにはクライヴ・オーウェンがキャスティングされ、これもまた原作とはグッとちがった雰囲気になっています。

2013年3月18日 16:53

トラックバック(1)

TrackBack

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ