当社より、3月下旬に発売いたしました海外文庫『アイス・ハント(下)』に、本来あるべき第10章(およそ44ページ分)が 欠落しているという不備があることが判明いたしました。

お買い求めいただいた皆様には、たいへんご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございません。 つきましては、正しく刷り直したものとお取り替えさせていただきます。

お手数をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、皆様のご住所・電話番号を明記のうえ、 弊社宛てに着払いにてお送りいただきますようお願い申し上げます(上巻に関しましては、問題ございません)。

 

返送先:

〒105-8070 東京都港区海岸1-15-1 扶桑社 販売事業部 「アイス・ハント(下)」係 宛て

TEL:03-5403-8859

 

本件についてのお問い合わせ先:

扶桑社 販売事業部 TEL:03-5403-8859 (月~金9:30~17:30)

 

今後はこのようなミスのないよう、細心の注意を払う所存でございます。 何卒よろしくお願い申し上げます。

2013年4月15日 20:40

コメント(5)

Comment

  • 指摘があるまで、欠落に気がつきませんでした。場面が飛んでいるのも、映画で、良く使われる、疑問を持たせたまま、クライマックスで一気にああそうだったのか。なるほど。とうならせるためのテクニックと考えれば主人公の回想シーンでつじつまが合います。完全版が待ち遠しいです。もちろん今持っているのは、手放さず買い直します。買った人は、稀少本ラッキーぐらいにしか考えていないのでは?



    |矢野|2013年4月20日 04:51

  • 発売当初、書店では品切れで、たまたまアマゾンで注文したら、早々に交換の案内が。すぐ手配したところ24頃にはとどきました。ただ、その後書店では、そのまま売られていたので、店員さんに教えてあげました。大手書店でしたが、知らない様子でした。(その後も書店では特に掲示も無し)ネットでの購入(はじめて)のメリットだったのか。書店で買った方は知らぬまま、Webの存在も知らなければ知らぬままではかわいそうと思います。ただ、私自身は、最近翻訳の出版が減っている中、地道に出版していただいているので、なりよりですが。最近は買っても読むのがもったいなく、買いだめしてちびちび読んでいる状態ですが、今回は気になり読み出したら、一気に読み進めてしまいました。最近の中では、いい作品でした。毎年冬のスワガーシリーズを楽しみにしています。(これももったいなくて読んでませんが)発売されたらすぐにでも書店で買っているので、書店での今回のような対策を要望します。苦情ではなく、他の読者の為に。



    |tsuru|2013年5月16日 01:15

  • まずは回答が遅れましたこと、お詫び申し上げます。
    『アイス・ハント』(下巻)の回収に際しましては、ネット書店と実店舗への通知に、やむを得ない形でのタイムラグが生じ、ご迷惑をおかけいたしました。各書店への通知を取次各社を通して一斉に行う過程で、ネット書店からの読者の皆様に宛てた通知が先行したという経緯でございます。
    現在では、書店店頭における良本への切り替えは、順次進んでおりますが、引きつづき未対応の書店様に、ご確認および交換をお願いさせていただいているところです。
    ご購入者様、また全国の書店様には大変なご面倒をおかけいたしました。何卒ご寛恕くださいませ。
    今後とも扶桑社ミステリーをよろしくお願い致します。



    |編集I|2013年5月21日 19:53

  • アイスハント下巻の209ページ冒頭の「安すべてことらしいわ。」というのは、「安全ということらしいわ。」の誤植ではないでしょうか?



    |匿名|2013年5月26日 14:28

  • ご指摘ありがとうございます。
    そのとおりです。
    増刷では訂正致します。



    |編集I|2013年5月29日 17:42

  • コメントする

    ページの先頭へ