2015年6月アーカイブ

さらに、6月の新刊のご紹介です。

弊社で、第一作『女検死官ジェシカ・コラン』以来、なんと足掛け18年にわたってご紹介しつづけてまいりました、ロバート・W・ウォーカーのシリーズ第11弾にして、最終作。

『女検死官ジェシカ・コラン 悪魔に奪われた骨』(上・下)の登場です!

 

absolute mix.jpg

 

■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

あらすじは、こんな感じです。

 

ウィスコンシン州ミルウォーキーで、背骨を抜き取られた女性の惨殺死体が発見された。
地元FBIの要請で現場にかけつけた検死官ジェシカ・コランは、手慣れた刃物の使い方をひと目見て、初めての犯行ではないと確信する。
現地の特別捜査官ダーウィン・レイノルズは過去に二件、同様の殺人事件があったことを告げ、同一犯説を主張するが、それを容易に証明することは難しい。
ジェシカは、レイノルズとともに事件を精査するうち、しだいに事件にのめり込む彼の言動に疑問を抱くようになる......。

いっぽう、ジェシカたちが捜査に乗り出したちょうど同じ頃、ジャイルズ・ガーランは画廊経営者と接触していた。
殺害した女性の背骨を抜き取り骨髄液をすするという凶行を重ねるジャイルズ。
彼は芸術家として、被害者の背骨を用いたアート作品で美術界に旋風を巻き起こすことを夢見ていた。
シカゴに舞台を移し、犯人とFBIとの苛烈な攻防が繰り広げられるなか、ジェシカは犯人と自分のあいだにある意外な因縁を知る。やがて殺人鬼の魔手はジェシカのもとへと迫り......
大人気サイコ・スリラー・シリーズ、ここに完結!

 

シリーズ当初はワシントンDCから引きぬかれたばかりの、まだ若々しく経験も浅い検死官だったジェシカも、いまや、書物を何冊も執筆し、若いFBI捜査官にその業績が崇拝されるほどの大ベテランとなっています。

今回は、ウィスコンシン州ミルウォーキー、ミネソタ州ミルブルック、オレゴン州ポートランドの三箇所で発見された背骨のない変死体の捜査が展開。

若干チャイルディッシュながら、若い男の魅力を発散する、ヌビアの王族のような黒人捜査官レイノルズとタッグを組むジェシカ。そこに、恋人であるリチャード・シャープも加わって......

 

犯人サイドの並行描写も、いつもどおり読ませます。

 

そして、シカゴを舞台に始まったシリーズは、ついに円環を成して、シカゴへと戻ってきます。

 

内容については、またそのうち更新する予定です。

まずは、先入観なく手にとっていただき、

ぜひジェシカの最後の活躍ぶりを、お楽しみいただければと思います!(編集Y)

 

 

 

2015年6月 1日 01:28 | | コメント(0)

更新を無沙汰してしまって、あいすみません。

会社が(同じ浜松町ではありますが)数百メートルほど引っ越してドタバタしたうえ、

(社命で、移転先のスペースの都合上、30年分あった大量の余剰見本本や洋書をほとんど処分せざるをえず......ぐぬぬ)

思いがけず、上司のMが社内異動で文庫班から去りまして、

このままでは一人で年間30冊くらい作らないといけないような様子でして......

いや、言い訳ですね。本当にごめんなさい。

 

というわけで、今月の新刊、新星ジェニファー・ヒリアーの『歪められた旋律』(上・下)は、もうお読みいただけたでしょうか? Mの置き土産でございます。

クリープ1.png   クリープ2.png

 

■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

あらすじは、こんな感じです。

 

シアトルの大学で心理学を教えるシーラ・タオ。彼女は情事相手の助手イーサンに別れを告げた。二人の関係は三カ月間続いたが、じつは彼女はつい先日、投資銀行家モリスと婚約していたのだ。シーラは思い切ってイーサンに、二人の関係を終わらせることと、別の教授の下への異動を伝えた。だが、突然の別れ話に納得できないイーサンは、もし別れるなら二人の"行為"の動画をインターネット上に流すと脅迫。時を同じくして、シーラの教え子ダイアナが水死体で発見されたとの知らせが入る...。

そもそもイーサンは複数の女性と関係し、シーラとの付き合いとは別に、恋人のアビーと同棲していた。にもかかわらず、イーサンはシーラに執着し、彼女の身辺をこっそり探っていた。一方、シーラもつきまとわれていることに気づき始めていた。そして、イーサンは巧妙な手口で彼女に近づき、ついにシーラはイーサンの手に落ちてしまう。結婚式直前に連絡の途絶えたシーラを探すため、婚約者のモリスは彼女の自宅に向かったが...。ジェフリー・ディーヴァーが絶賛したサイコ・スリラーの期待作!

 

ちなみに、ディーヴァーの推薦文は以下のとおり。

「ジェニファー・ヒリアーの『歪められた旋律』は最上級のスリラー小説だ。勤務先に病欠の連絡を入れたほうがいい。読み終えるまでどこにも出かける気になれないはずだから。ああ、それから、ドアの鍵もしめておくほうがいいかもしれない。念のために」

 

おお、大絶賛ではないですか!

内容的には、あまりネタバレはできませんが、大ヒット作『その女アレックス』とも類似する展開を経て、なかなかいい感じに衝撃性のあるラストへとつながってまいります。

音楽×サイコという取り合わせも、作品に彩りを添えています。

皆様もレディオヘッドのCDをお供に、ぜひお楽しみくださいませ!(編集Y)

 

2015年6月 1日 00:29 | | コメント(0)

ページの先頭へ