年末ベスト10企画における『拾った女』の快進撃・・・。本当にありがたいことです。

そこに、編集者にとってまた新たな嬉しいニュースが!

 

ハイキャッスル ブログ画像.jpg

 

■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

 

『ハイキャッスル屋敷の死』(レオ・ブルース 小林晋/訳) が、今週発売されました『2017本格ミステリ・ベスト10』で見事4位を獲得しました!!

 

すげえ嬉しい! なんなら『拾った女』より嬉しい!!

小林先生、ちゃんとみんな褒めてくれましたよ!(泣)

 

『拾った女』の場合は、編集者も前任者も望外のご評価をいただいて感無量、といった感覚なのですが、一応のところレオ・ブルースは、創元さんで出された『死の扉』が本ミス1位、次に弊社で出した『ミンコット荘に死す』は本ミス3位と、連続ベスト3入りを果たしており、じつは正直けっこうびくびくしておりました(笑)。

と申しますのも、今回はいつにも増してなかなかに通好みの内容でして、表面上のお話を追うだけだと、陳腐な作品と受け取られかねない危惧もありまして・・・でも、なんとか4位にはいれて本当によかったです。

作品の真価について掘り下げ、すばらしい解説を書いてくださった真田啓介さんのおかげですね。この場を借りて、心から感謝申し上げます。

 

ご投票を賜りました皆さま、本当にありがとうございました!(五体投地)

 

当ブログでの作品紹介は「こちら」。

 

せっかくなので多少禁じ手かと思いつつも、近日中に「完全ネタバレ版」の作品紹介を別途アップしようかな、と思っております。

真田さんの解説を読めばもう十分といえば十分なのですが、人を変えて語ればまた、見え方も多少は違おうかと。

 

いよいよ、週末には「このミステリーがすごい!」が発売ですね。

『拾った女』は、全ベスト10制覇なるのか? 編集者が『拾った女』以上に気に入っている『ジグソーマン』の巻き返しはあるのか??(あるわけない) 

なんにせよ楽しみに待ちたいと思います。(編集Y) 

 

 

2016年12月 8日 14:45

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ