先週末、『このミステリーがすごい!2007年版』が発売されました。

弊社の『拾った女』(チャールズ・ウィルフォード著 浜野アキオ訳)は、

海外編で4位を獲得しました!

 

祝・各社年末ベスト企画 オールベスト5入り!!

PickUp cover.jpg

 ■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

作品紹介は こちら !

 

今年はほんとうに良い年となりました。

あとは、ひとりでも多くの方が『拾った女』に手を伸ばしてくださることを祈るばかりです。

 

それと! ブレることなく弊社の怪作『ジグソーマン』(ゴード・ロロ著 高里ひろ訳)を年間一位に推してくださった小財満さん、本当にありがとうございました!! 

ああ同好の士よ!いくら感謝しても、したりません!! 

評論家人生を懸けて(?)ご推薦いただいた蛮勇、

もとい、その熱い想い、しかと受け取りました!

 

皆様も、『拾った女』と合わせて、ぜひこの機会に世紀の傑作『ジグソーマン』をお読みください!

 

ジグソーマンblog.jpg

■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

紹介は こちら !

 

その他、女性麻薬捜査官が麻薬組織相手に大活躍する痛快作『奪還』(M.A.ロースン著 髙山祥子訳)や、アクションの巨匠が犯罪史上最大の謎に挑んだ『わたしは切り裂きジャック』(上・下)(スティーヴン・ハンター著 公手成幸訳)なども、名前をあげてくださった方がいらっしゃいました。本当にありがたい限りでございます。

他の出版社に比べると、探しにくい店の奥にひっそりと棚があることの多い版元ではございますが、ぜひこの機会に合わせてお読みいただけると嬉しく思います。

 

来年もハンターやカッスラー、ロリンズをはじめ、面白い小説、マニアックなミステリーを積極的に発刊していきたいと考えておりますので、扶桑社ミステリーに今後とも厚いご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます!(編集Y)

 

 

 

 

 

2016年12月12日 18:43

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ