皆様、今月の新刊はふだんとはちょっと雰囲気が異なりまして、第二次世界大戦末期のイタリアを舞台とした、17歳のレジスタンスを主人公とした物語となっております。

 

タイトルは『緋(あか)い空の下で』(上・下)。

 

作者はマーク・サリヴァンという、そこそこのベテラン作家さんですが、まさかご本人もここまで売れて、これだけの評判になるとは、思ってもいなかったでしょう。 

 

実はこの小説、4月時点の本国Amazonで、なんと24841レビューもついて、星4.8という驚異的な数字を叩き出しております。

さらに本書は、2017年にAmazonで最も売れたフィクション新刊だったんですね(フィクションの総合では6位でしたが、その他の上位は、当時ドラマ化された『侍女の物語』や、あのハリー・ポッター・シリーズなどで、新刊でベスト10に入ったのは、本作と10位のダン・ブラウンだけでした)

部数はすでに本国で累計150万部を突破!

しかも、パスカルピクチャーズで、トム・ホランド主演の映画も決まっているという!

 

これだけの人に読まれ、大きな話題となり、多くの読者に感動を与えている『緋い空の下で』とは......いったいどういう本なのでしょうか?

たしかに、本書には Amazon が大々的に仕掛けて、ベストセラーにまで持っていた側面もあったりもするのですが(その「仕掛け」の面白さについては、また別の機会に)、実際にこの本を読んで、素晴らしいと感じた人がたくさんいたからこそこれだけヒットしたというのも、また確かです。

本書には、いろいろと「ドラマ」があるのです。

 

緋い空の下でブログjpg.jpg

■オンライン書店で購入する(上巻)
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 ■オンライン書店で購入する(下巻)
amazonセブンネットショッピング楽天ブックサービスhonto

 

 

 あらすじは、こちら。

 

1943年イタリア、ミラノ。ピノ・レッラは女の子とジャズと食べ物に夢中の17歳だ。

だが彼の運命は、第二次世界大戦の戦火が市街へと拡大するにつれ激変する。

弟と二人でアルプス山中の自然学校に疎開することになったのだ。

ピノはそこで、運営者の神父から指示を受け日夜アルプス登山に勤しむが、

それはある特殊な任務のための訓練だった。

ナチスに追われるイタリア在住のユダヤ人を、山越えでスイスへと逃がす手伝いをピノにさせようというのだ。

彼は危険を覚悟で、道案内役を引き受ける――。

 

さらに、第三部以降になると、少年ピノにまさかの運命が待ちうけています。

 

アルプス山岳ルートを用いたユダヤ人の逃亡支援を続けていたピノは、軍役に就くためミラノに呼び戻される。

1944年夏、ひょんなきっかけからナチスの高官ライヤース少将の運転手に指名されたピノは、そこで働きながらひそかにスパイとして反ナチス運動に協力することを決意する。

運命の女性との再会、垣間見るナチス・ドイツの内幕、次々と訪れる親しい人々の死......。

数奇な運命に翻弄されるピノを待ち受ける未来とは? 

 

ここで、重要なのは、本書の主人公ピノ・レッラは、実在するということです。

 

本書の著者による前書きには、こんな執筆の経緯が記されています。

「あるディナーパーティで、わたしは第二次世界大戦中の17歳のイタリア人少年を主人公とする途方もない話の断片を耳にした。終戦までの23カ月におよぶピノ・レッラの物語を聞いてわたしが真っ先に思ったのは、これが実話のはずはない、ということだった......。

(中略)つまり、読者がこれから読もうとしている物語は、小説仕立てのノンフィクションではなく、ピノ・レッラの伝記小説、1943年6月から1945年5月までのピノの経験に可能なかぎり沿った歴史小説なのである」

 

そう、本書は、著者がピノ・レッラ老人への綿密なインタビューをもとに執筆した、「実話」ベースの物語なのです。

本当にアルプスの山越えで多くのユダヤ人たちを救い、その後、ナチス高官のもとでスパイ活動に従事した17歳の少年は、実在したのです。

 

NYタイムズベストセラー作家のテス・ジェリッツェンは、

 

「アクション、冒険、愛、戦争、そして叙事詩的英雄――あらゆる要素が、歴史上最も暗かった時代を背景に対置される。マーク・サリヴァンの『緋い空の下で』には、すぐれた第二次大戦小説に読者が求めるすべてがつまっている」

 

と賛辞を述べています。


 

なお、本書の原題も Beneath a Scarlet Sky ということで邦題はほぼ直訳ですが、あえて「スカーレット(緋色)」を意識した漢字を使ってみました。

この「緋色」は、物語前半の舞台であるアルプスの霊峰(作品内で「神の大聖堂」と呼称されます)を包む夕焼けの「緋」でもあり、

やがて主人公の故郷ミラノの空を焼き尽くす、拡大してゆく戦火の「緋」でもあります。

邦訳版の上下巻の装幀は、そんなアルプスの山並み――「神の大聖堂」と、ミラノの大聖堂――「人の大聖堂」を対比させ、それぞれの「緋」をイメージしたものとなっております。

 

まずは、ここではこれ以上の紹介は控えて、あとは皆さんにもぜひ、ご自身の目で読んでいただきたいと思います。特に連休のあいだ、お出かけの予定がない、という方は、ぜひ本書を読んで、1940年代のアルプスとミラノにトリップしてピノとともに冒険を繰り広げていただければ!

お楽しみに!(編集Y)

 

 

 

 

2019年4月28日 04:28

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ