3月1日発売の新刊は、サラ・ピンバラ著の『瞳の奥に』
ちょうど2月17日からNetflixで6話シリーズとして始まった、同名ドラマの原作にあたります。
本書発売当時、エンディングに驚いた読者のあいだで、「#WTFThatEnding(何あのエンディング)」というハッシュタグがSNS上で流行ったという逸話をもつ作品
海外ドラマファンのあいだでも、これはヤバいと話題が広がっているようです。

どれくらい衝撃的かというと、ゲラを読んだ、ふだんは無反応の販売部の若手部員Tが、興奮のあまりうわずった声で「こ、これ、傑作なんじゃないんですか?」とわざわざ連絡を入れてきてくれて、自らネットギャリーの先読みプロジェクトを立ち上げたあげく、勝手に「扶桑社は2021年、この本でこのミスに挑みます」とか書いた宣言文をnoteで公開し、編集者の知らないところで評論家諸氏にゲラを送ったりしだしたくらいには衝撃的なのです(ありがとう!Tくん)。

ひとりの人間をこれだけ衝き動かす作品なら、
あなたの心をも衝き動かすかもしれません。

編集者は「驚天動地」「未曾有」という文字を、高校時代に綾辻行人さんの新書帯で叩き込まれた世代ですが、ひさびさにその言葉にふさわしい本にめぐりあえた気がしています。

瞳の奥に 画像.jpg

■オンライン書店で購入する
amazonセブンネットショッピング楽天honto

あらすじはこんな感じです。

ロンドンの精神科クリニックで秘書として働くルイーズは、新しいボスとなる医師デヴィッドを一目見て仰天する。

彼はその前夜にバーで会って意気投合し、キスまでしてしまった相手だったのだ。

二人はやがて一線を越え、関係を深めるが、ルイーズは彼の魅力的な妻アデルとも偶然知り合い、罪悪感にかられながらも友情関係を築いてゆく。

しかし、この夫婦にはどこかおかしなところがあって......

意想外の展開が読者を翻弄する驚天動地の心理スリラー。


正直、何を解説したところで、何かしらの予備知識を与えてしまうので、

まずはとにかく読んでみてくださいとしか申し上げられません。

振り返って考えれば、このネタは決して未知のものではないわけですが、たぶん取り合わせの妙なんでしょうね。警戒していても、そう簡単には察知できないような気がします。

まあ、あまり構えずに、「よくある『ゴーン・ガール』テイストの心理スリラー」くらいの感じで気楽に読んでいただければ。


スティーヴン・キングイアン・ランキンが絶賛し、ジョー・ヒル「巧緻なパズルボックスの如き小説。もっとも不気味なヒッチコック、もっとも容赦のないルース・レンデルにも比肩する、熟練の技で組み立てられたスリラー」と称した傑作。〈サンデー・タイムズ・カルチャー〉誌の「普通の〈予期せぬ結末〉とは訳が違う」という評もなかなかにいかしています。

サスペンス部分がみっちり長いので、多少読み疲れる方もいらっしゃるかもしれませんが、それにじゅうぶんに見合ったラストの衝撃をお約束します。

ドラマから先に入られた方も、細かな仕掛けや伏線、心理描写に関しては、圧倒的に原作のほうが情報量が多いので、ぜひ読み比べていただければ幸いです。

なお、前述の販売担当Tのnoteでは、すでにドラマとの比較記事が出ていますが(編集者より文章が読みやすいかもw)(こちら

ビビるくらいのネタバレ記事なので、必ずドラマ視聴後もしくは小説読了後にお読みください(笑)。


また、批評家さんの記事が出たり、書店さんからの感想がいただけましたら、こちらの編集者ブログか販売担当TのNoteにて、随時紹介していきたいと思います。


小説から読むか。ドラマから観るか。それはあなた次第。

そして、心からのお願いです。

結末は、決して誰にも明かさないでください。


(編集Y)







2021年2月27日 17:25

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ