2007年5月アーカイブ

今月の新刊紹介第二弾は、コニー・メイスンの『獅子の花嫁』です。
昨年、『誘惑のシーク』で大好評を博した著者の、中世ヒストリカル・ロマンス第二弾です。

shishinohana.jpg

■獅子の花嫁
■コニー・メイスン著
■中川梨江訳
■文庫判
■定価/880円(税込)
■2007年5月30日
■ISBN978-4-594-05380-2
■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1
あらすじはこんな感じです。

時は十一世紀。サクソン人領主の姫アリアナは、齢十四にして征服者であるノルマンの騎士ライアンとの結婚を強いられる。
彼女を待っていたのは五年間の修道院生活。やがて迎えに来た夫との生活が始まるが、アリアナは自らを閉じ込め父母の領地を奪ったライアンを許そうとしない。
しかし、時折見せる彼の優しさと、抗いがたい官能のよろこびに、いつしか彼女の心と身体はとかされて……。
憎しみと幾多の困難を越えて見出される真実の愛。
『誘惑のシーク』の著者が贈る、壮大な愛と官能の中世物語!


強気なお姫様と、勇猛にして冷徹な騎士の熱く燃え上がる愛。
出会うまでの不幸な経緯ゆえに、お互い素直になれないまますれ違い続ける二人が、いつしか真実の愛に目覚めてゆく姿は、読んでいて夢中になること必至です。
鼻っ柱の強いアリアナの言葉ぜめ(笑)にあって、たじたじになりつつ迎え撃つライアンの姿が妙にかわいかったり。
あと、ヒーロー/ヒロインの魅力もさることながら、二人の関係をしっちゃかめっちゃかにひっかきまわす、ウルトラ性悪女ザブリナや、コケの一念でアリアナを強奪しようとする元許婚のエドリックといった、サブキャラクターの魅力もコニー・メイスンならでは。この人の作品に出てくる恋仇って、悪役とは言い切れない独特の「愛橋」があるんですよね。
『誘惑のシーク』を楽しんでいただいた方も、まだお読みでない方も、ぜひご一読くださいませ。中世ロマンスの決定版の登場です!

2007年5月30日 23:07 | | コメント(0)

 扶桑社海外文庫の顔とも言える作家に、ノーラ・ロバーツがいます。
 ロマンス読者のみなさまには、いまさら紹介する必要もないでしょうが、ミステリー・ファンのなかには、もしかしたら、ご存じないかたもいらっしゃるかもしれません。
〈扶桑社ロマンス〉のレーベルで、もう50冊をこえる作品を出版している作家です。

 ノーラ・ロバーツは、もちろん世界的にも大人気。
 著書は3億冊近く売れていて、しかも執筆の勢いはおとろえず、すでに作品数は175をこえているという、超人的な活躍ぶりです。

 さて、最近、雑誌“Time”が、「世界でもっとも影響力がある100人」を発表しました。
 日本からトヨタの渡辺社長と、任天堂の宮本専務が選ばれたので、話題になりましたよね。
 じつは、ノーラ・ロバーツが、このリストの第7位に選ばれているのですよ。
 ちなみに、ひとつ上の6位は、レオナルド・ディカプリオ。
 文芸の分野では、もちろん、だんとつのトップです。
(次にエントリーされている作家は、16位のデイヴィッド・ミッチェル。最近、新潮社さんで『ナンバー9ドリーム』が出版されました)。

 しかし、世界で7位はすごい。
 未読のかたも、興味がわいてきませんか?
 彼女の作品は、ミステリー色の濃いものも多く、事実、広範な読者を獲得しています。
“Time”でも、読者は「女性が中心だか、女性ばかりはない」と紹介されています。

 でも、そんなに作品数が多かったら、何から読めばいいんだろう?
 もちろん、どれから読んでもハズレはないのですが、そんなときにおすすめなのが、ノーラ・ロバーツのオフィシャル・ガイドブック。

NR.JPG

■オンライン書店で購入する

amazon7&Y楽天ブックサービスbk1

 邦訳された作品ガイドがありますから、ご参考にどうぞ。
 もちろん、ノーラの素顔を知る格好のテキストでもあります。(編集部・T)

2007年5月18日 11:15 | | コメント(0)

ページの先頭へ