2008年9月アーカイブ

今月の扶桑社ロマンス、1冊目は本邦初紹介の新鋭ソフィー・ジョーダンの『罪なき嘘の罪』でございます。

tuminaki_uso.jpg

■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1


あらすじはこんな感じです。
メレディスは困惑していた。結婚以来ずっと別居していた夫ブルックシャー伯爵が亡くなり、新たな伯爵として、存在すら定かではなかった彼の腹違いの弟ニックがやって来るという。
このままでは身ひとつで追い出されてしまう。病身の父や行くあてのない叔母、使用人を守るため、メレディスは跡継ぎを妊娠していると偽ることにする。
ところが、賭博場の経営者でもあるニックは伯爵領継承に意欲を見せず、むしろ彼女に気遣いを見せるのだった……。
期待の新鋭が放つヒストリカル・ロマンスの優品!

読みどころはやはり、気丈なヒロインと、ちょっとへそ曲がりのヒーローの丁々発止のやりとりでしょう。出逢った際のボタンのかけちがいが尾をひいて、お互いの意地の張り合いからどんどん事態がドツボにはまっていくのは、まさにロマンスの王道。ほんと、二人とも不器用なんですよねえ……とくにニックが(笑)。
また、本書は「理想の結婚」をめぐる物語でもあります。愛のない結婚を強いられたメレディスと、過去に囚われて愛を信じられないニックが、さんざん回り道をしながら、自らのトラウマを乗り越えてゆく姿は感動的です。
サブキャラたちも魅力的。とくに編集者のお気に入りは、いろいろと問題の多いエレノアおばさんですね(笑)。
ちなみに、著者のサイト(英語)では、思いきり有名女優・俳優の写真を掲げて、メレディスとニックの脳内イメージを挙げておりますので、あとがき記載のアドレスを検索されてみるのも一興かと存じます。
なお、本作に登場する、とある印象的なキャラが次にご紹介する予定のジョーダン作品では主役を張ります。さらにパワーアップした楽しい作品ですので、あわせてご期待くださいませ。

2008年9月30日 21:51 | | コメント(0)

ページの先頭へ