2008年10月アーカイブ

売れ行きも絶好調の前作『禁じられた城の秘密』をお読みいただいた皆様、お待たせいたしました。一か月のインターバルで、〈キルダレン〉シリーズ第二弾『竜ひそむ入り江の秘密』をお届けいたします!

%97%B3%82%D0%82%BB%82%DE.jpg

■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1
あらすじは、こんな感じです。

キルダレン城主ショーンはキャシーとの結婚後も、兄アレクサンダーに心を許そうとはしなかった。
『ドラゴンの呪い』が我が子にも及ぶのではと悩むキャシーを心配した妹のアンドロメダは、呪いを解くべく、アレクサンダーの居城の古美術整理を口実に、彼の住むドラゴンの入り江に入り込む。
海賊の風貌を持つ子爵にいつしか熱い官能を呼び覚まされるアンドロメダ。しかし伝説の呪いは現実の殺人事件につながっていた……。
ついに明らかになる事件の真相とは?

今回のヒロインは、前作の主人公カシオペアの妹アンドロメダ。彼女には、人の心を読みとる異能の力があり、対人関係に不安をいだいています。
一方のヒーローは、ショーンの双子の兄アレクサンダー。小説内でも、ショーンは月、アレックスは太陽にたとえられているように、馬と海をこよなく愛する快男児です。
ふたりの陽性のキャラクターと、屋外のシーンが多いこともあって、前作のようなゴシック・ロマンスふうのテイストは抑えめですが、恋愛分たっぷり、サスペンスもたっぷりの展開で最後まで飽きさせることがありません。
「キルダレンの呪い」は打ち破られ、愛すべき兄弟に明日は来るのか。
そして、いまだ未解決の事件の真相は、明らかになるのか。
いずれも、きっとご満足いただけると思いますよ。
ホットなシーンのドキドキ度もアップ。とくにヒスイの……いや、あとは読んでのお楽しみということで。
なお、お話としては、前作と不可分の部分がありますので、『禁じられた城の秘密』からお読みいただけると幸いです。秋の夜長に、ぜひぜひお楽しみくださいませ!

2008年10月29日 19:41 | | コメント(0)

 アメリカ南部メンフィス郊外の園芸センターを舞台にした〈ガーデン・トリロジー〉の第1作です。

kindannoblue_dahlia.JPG

■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1


 ステラ・ロスチャイルドは三十三歳。
 アメリカ南部テネシー州メンフィスに生まれましたが、両親の離婚にともない母親とともに北部へ行き、ミシガン州で幸せな結婚生活を送っていました。
 ところがある日、愛する夫を飛行機の事故で亡くしたことから彼女の人生は大きく変わります。
 幼い息子二人を育てるため、ステラは父親が住んでいるメンフィスにもどり、この地でミシガンでも経験を積んだ園芸センター〈イン・ザ・ガーデン〉のマネージャーの仕事に就きます。
 ガーデニングへの情熱と几帳面な性格とが相俟って、この仕事は彼女にとって、まさに天職と言っても過言ではありません。
〈イン・ザ・ガーデン〉の創業者でありオーナー社長でもあるロザリンド・ハーパーが暮らすハーパー邸がステラと息子たちの住み家になります。
 ここで新たな第一歩を踏み出した彼女の前に、ローガンという男性が登場します。
 彼は〈イン・ザ・ガーデン〉造園部門担当の庭園デザイナー。
 有能ではあるけれど、几帳面なステラとは相性がわるくなにかにつけて衝突してしまいます。
 時が経つにつれて二人は、おたがいの仕事ぶりを認めあい、距離がちぢまっていくのですが……。

 著者のノーラ・ロバーツ自身がガーデニングの達人であることから、この小説の中にはガーデニングの実用的な知識が随所に散りばめられております。
 ガーデニングをされている読者の皆様には、そんなところも興味を誘うことでしょう。
(編集部・N)

2008年10月 1日 15:02 | | コメント(0)

ページの先頭へ