2009年06月26日
新刊案内

パラノーマル・ロマンスの大ヒット作「黒き狩人と夜空の瞳」

ナリーニ・シンは、ハーレクインさんで邦訳がある人気作家ですが、彼女が一躍パラノーマル・ロマンス界のトップ・ランナーに躍り出た作品をご紹介します。

■オンライン書店で購入する

amazon7&Y楽天ブックサービスbk1
物語の舞台は、「サイ」と呼ばれる超能力者と、「チェンジリング」と呼ばれる動物に変身する種族が入り混じって暮らすという、わたしたちの住む地球とはちがう歴史をたどった未来世界。
超能力者種族サイは、子どものころから感情を押し殺す処置をほどこされていますが、ヒロインのサッシャは、なぜか感情がある女性です。それがバレた瞬間に、サイの社会から精神的に抹殺されてしまうため、感情をひた隠しにして生きています。
いっぽうでサッシャは、チェンジリング種族との共同事業を進めています。そのパートナーが、黒豹に変身する男、ルーカス。彼は、豹チェンジリングの群れのアルファ(=リーダー)です。
対立関係にあるサイとチェンジリングが手を結ぶのは異例なこと。しかも、ルーカスの側には事情がありました。サイと思われる謎の殺人鬼が、チェンジリングの女性を拉致しては殺害を繰りかえしているのです。犯人を捜すためには、サイであるサッシャの協力が不可欠というわけです。
豹チェンジリングの「黒き狩人」ルーカスと、特別な能力を持つ証しである「夜空の瞳」を持つサッシャ。それぞれの夢想のなかではたがいを激しくもとめあいながらも、種族対立から現実には結ばれるはずのない2人。ところが……
ああ、もう書ききれません!
これでもまだ、ようやく基本的な設定をお話ししただけですよ。
細かく引かれたさまざまな設定が、いやがうえにも2人のロマンスを高め、そして追い詰めていきます。サッシャの感情の秘密、そしてルーカスの群れの秘められた能力などなど、すべての要素が、殺人犯探しのタイムリミットにむかって、一気になだれこんでいくクライマックスは、もう、感涙必至!
と、ここまで書いておきながら、申し訳ないお詫びをしなければなりません。
登場人物紹介のところです。
〈特殊能力者〉→〈特級能力者〉〈スノーリバー〉→〈スノーダンサー〉のまちがいです。
ほんとうにすみません。
お詫びして訂正いたします。
重版のチャンスをいただければ、修正できるのですが!(それに、シリーズの2作め以降もご紹介できるのですけど!)
(愚か者の、編集部・K)


投稿者romance: 12:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fusosha.co.jp/blog/mt-tb.cgi/575

コメント

シリーズものは全巻翻訳されるものしか買わないんですが…。この本は例外になりそうです。2作目以降も版権がとれて翻訳されることを願います。私にはわからない出版業界のいろんな事情があるんですよね…。扶桑社ロマンスは10年くらい前からのファンなのでこれからも新しいレーベル達に負けないよう頑張ってくださいね。それにしても最近のパラノーマルブームすごいですね。私も好きですけど。

投稿者 恵巳 :2009年06月27日 15:39

このシリーズは翻訳を待っていたので、本当に嬉しいです。面白かったですし! ぜひぜひ2作目以降も翻訳をお願いします。

投稿者 Noname :2009年06月30日 16:54

 コメントありがとうございます。
 もう読んでくださったかたもいらっしゃるのですね!
 ぜひシリーズをつづけていきたいのですが、パラノーマルという新ジャンルなので、何作かまとめて版権を取得することは許されませんでした。
 あとは、売れ行き次第なのです。

 もし、読んでおもしろいと思われたかたは(もちろん、わたしはおもしろかったです。編集担当であることを割り引いても!)、ぜひほかのかたにご紹介してあげてください。

投稿者 編集部・K :2009年07月01日 12:45

編集部・K様のコメントを見て、ビックリしています!待っていた翻訳本だったのに、続きがでるかどうかわからないなんて・・・。
ぜひ、昨今のパラノーマルブームを背景に続きの版権も取得していただきますようお願い致します!
よろしくお願い致します!

投稿者 マツ :2009年07月01日 21:43

面白かったです!!
ぜひぜひ続編の刊行おねがいします。
大きな物語の始まりを予感させるストーリーと主人公達以外にも魅力的なキャラクターがざくざくしてて!

沢山のエピソードとかヒーローとヒロインの心の動きが丁寧に一杯書かれてるのに邪魔にならず、感情移入しやすくて!きっと世界がしっかりと存在してるからですね。SFといってもいい位のストーリーなのに絶対ロマンス小説ですね!最後までせつなくてどうなるんだろうって一気に読んでしまいました。

投稿者 はやし :2009年07月03日 13:04

私もビックリしています!!
待っていたシリーズだったので、ぜひ続きの版権も取得してください!!
続編も扶桑社様で読めますように・・・。

投稿者 読者・K :2009年07月03日 13:33

パラノーマルロマンスがたくさん出始めてうれしく思ってます。
このシリーズもとても面白かったので、ぜひ続きの版権も取得していただきたいです!
あと、あとがきにHPでショートストーリーが発表されていると書いてありましたが、それをこちらのHP上とか続編の後ろに日本語に翻訳したものを載せていただけたらうれしいなと思いました。
著作権等の問題があって難しいのでしょうね。
よろしくお願いします。

投稿者 まみ :2009年07月04日 10:38

買いました!
とても面白かったので、続編の出版をぜひお願いしたいです。

投稿者 こめ :2009年07月05日 22:24

コメントの数に驚きました。でも私も皆様に便乗してお願いします。
是非続刊を!

今まで読んだパラノーマルで一番面白いです!
作者が物語の設定や舞台をクールに見つめて、でもキャラクターを熱く深く描いていて、ページをめくる手が止まりませんでした。
止まらないのに読み終わりたくないような。

「夢物語すぎる!」とパラノーマルを敬遠してる友人にも自信をもって奨めたいと思います。

編集長さん(?)からの版権取得許可がでることを祈ってます。

既に再読を重ねて本の状態も怪しいので(この巻だけでは色々解決してないことや気になることが多過ぎです!気になる箇所を何度も読み返しております)、誤植が修正され重版された物を購入できる日を願ってます。

投稿者 あき :2009年07月06日 17:22

読みました…。独特の世界観に圧倒され、登場人物の魅力にドキドキして、ヒロインのせつなさに泣いて、読み終わったあとしばらくぼーっとしてました。この本を翻訳、出版してくださった扶桑社様に感謝です。1作目が読めただけでも幸せ…なのですが、やっぱりあの魅力的なキャラ達にまたあいたいです。「止まらないのに読み終わりたくない」私もそんな感じでした。続刊翻訳を願いながらしばらくは再読ですね。

投稿者 恵巳 :2009年07月07日 11:56

設定は緻密、ロマンスは熱い、おもしろくて、おもしろくて、どうしても続刊が読みたいので、貧者の一灯で、この意見が反映されることを祈って書き込ませてもらいます。

投稿者 ゆう :2009年07月07日 16:04

続編がでないかも?とのことで私も続編応援コメントします。
ぜひ続編も出版してください。別の出版社が版権取得して変な訳で出版されたら悲しすぎる・・・
私はS社がRE出版した小説の訳が嫌いです・・・

投稿者 うるうる :2009年07月07日 16:22

すごくよかったので続編を!!
あとがきを読むと、少しずつ話がつながっているようなので、ぜひぜひすべての版権獲得をお願いします。
まだ本国で出版されていない、ホークの話が一番読みたいのです。

あと願わくば、出版間隔が短いほうがうれしいです。

編集長さんよろしくお願いします。

投稿者 tero :2009年07月09日 06:15

ひと味違ったパラノーマルで、とても面白かったです.
続編が読めないなんて考えられません。
是非是非、続編の出版をお願いします!!

投稿者 コマ :2009年07月09日 12:38

こんにちは、PCを扱う人なら理解しやすいロマンスですね、泣くほどではなかったけどとても面白かったです!購入した日に4時間掛けて一気に読んでしまいました♪
続編も絶対買いますね!!

7冊もこのシリーズが出ているそうですが、ホーク(狼)方のロマンスも気になりますね。
シェンナのロマンスも期待したい。(笑)

あと、7/31発売予定のロマンス本、「海を渡る呼び声の秘密」、「汚れなき悪女」のあらすじが知りたいです。

投稿者 karan :2009年07月09日 20:10

ここ最近読んだパラノーマルの中でも面白かったです。
ストーリーもロマンスも最高!!
ぜひ続きを邦訳してください!!

投稿者 rinrin :2009年07月10日 07:15

最近いろいろパラノーマルが出ていますね。
でも、設定だけが立派で中身の薄い内容の本にあたり、それからパラノーマルは敬遠していました。
今回は表紙の女性に引かれ、ためらいながら購入して大正解でした。

私もシリーズの出版をお願いします。
細やかな表現や緊張感。愛すべきキャラクターの登場人物たち(?)の行く末。
気になるばかりです。
期待しています。

投稿者 poco :2009年07月11日 23:11

 みなさま、ほんとうにたくさんの書きこみ、ありがとうございます!

 おかげさまで、売れ行きは悪くありません。
 正直なところ、もうすこし多くのロマンス・ファンのみなさまに読んでいただければ、というのが本音ではありますけれど……

 まあ、これぐらいの数字だったら、続編の出版もありうるだろうという判断が出そうですので、これから検討に入ります。
 がんばります!

投稿者 編集部・K :2009年07月17日 12:07

ぜひとも、ご検討をお願い致します!
米国では、シリーズが続々登場しております。続編全ての出版をお願い致します!
ロマンス通信で朗報が聞けることを心待ちにしています!

投稿者 マツ :2009年07月17日 21:39

自分に翻訳できるほどの英語力があったら迷わずに続編を手に入れているでしょう!
しかし悲しいかな、そんな力量は無いので
ぜひぜひシリーズの出版同じ訳者さんで期待してます。(翻訳のペースを考えると難しいのでしょうか?よく判らないのですが)どなたかが変な訳は悲しいと書いてらっしゃいましたが、その通り!!と私も思いましたので。

投稿者 はやし :2009年07月21日 15:06

続編を楽しみにしていたのですが、残念です。是非、版権の取得がんばってください。

投稿者 Ranran :2009年07月21日 22:55

皆さんのコメントの多さを見て買いました!
確かに・・・本当に面白かったです。
パラノーマルブームって言っても、全部が面白い訳じゃないですから・・・。
このシリーズを出版しないと、もったいないですよ!!
是非是非最後まで出版お願いします。発売間隔も短くお願いします。

投稿者 ありす :2009年07月31日 15:16




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)