10月末の扶桑社ロマンスは、好評のリージェンシーものの歴史ロマンスがならびました。

カレン・ホーキンス 伊勢由比子/訳
『花嫁に雪は舞い降りて(To Scotland With Love)』
定価920円(税込)

『さらわれた花婿』につづき、嵐を呼ぶ力を持つマクリーン家の兄弟たちを描くシリーズ第2作です。
 マクリーン家のグレガーは、駆け落ちまがいに姿を消した幼なじみのベネチアを追いますが、怒りから4月というのに雪を招いてしまいます。
 雪に閉ざされた宿屋を舞台に繰りひろげられる人間関係のドラマを描きます。

キンバリー・ローガン 颯田あきら/訳
『心の秘密を盗まれて(A Kiss Before Dawn)』
定価920円(税込)

 こちらは『口づけは暗闇の中で』につづく、2部作完結編。
 オックスフォードシャーを脅かす怪盗捜査のため、この土地へもどってきたピーターは、思春期をともに過ごした伯爵家令嬢エミリーと再会しますが、彼女はけっして言えない秘密を心に抱えていたのです...

2009年10月 6日 15:22

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ